相棒 映画 2017のネタバレあらすじ,最後どうなる?

634d91ac76b791b7[1]

http://eiga.com/movie/84977/photo/

ドラマも長く続いている相棒ですが
2017年に新しい映画が公開されますね!

昔からずっと見ている人はもちろん
最近から見始めた人も
楽しみにしているのではないでしょうか?

水谷豊さんと反町隆史さんが演じる
杉下右京と冠城亘、2人の特命係が
2017年の映画ではどんな活躍をするのか…。

少し予告を見てみましょう。

今回の相棒の映画も
面白そうですね^^

でも予告の最後…
「結末は哀しみか、希望か」
という言葉が気になります^^

でも今回は、映画「相棒Ⅳ」の
ネタバレあらすじを紹介していきますよ。

公式HPのあらすじよりも
さらにネタバレしたあらすじなので
映画を見る前にみると
分かりやすいかもです!

では、さっそく見てみましょう。

スポンサードリンク

映画「相棒Ⅳ」のネタバレあらすじは?

映画「相棒Ⅳ」は7年前のある事件から
始まります。

~あらすじ~

7年前、英国の日本領事館関係者が
集団で毒殺されるという事件が起こった。

そのときに唯一生き残った少女がいたのだが、
その子は、国際犯罪組織に誘拐されてしまう。

本来ならば何か手を打たねばならないものを
当時の駐英大使と日本政府は
政治的判断として何の対処もしなかった。

…あれから7年。

ある日、日本に国連犯罪情報事務局
の元理事であるマーク・リュウが
香港からやってくる。

どうやら長年追いかけている
国際犯罪組織バーズのリーダーである
レイブンが日本にいるらしいのだ。

特命係の杉下右京と冠城亘は、
上司である社美彌子から
「リュウの案内役として同行するように」
と命令される。

リュウに同行していた矢先、
リュウの部下は首に黒い羽のタトゥーを入れた
“黒衣の男”に殺害されてしまう。

「天谷克則という男を調べてくれ」
というメッセージを残して…。

--
その後、犯行グループは
外務省のホームページをハッキングし、
7年前に誘拐した少女・鷺沢瑛里佳の
現在の姿を動画に流した。

「7年前、日本政府は我々の要求を無視した。
今回拒否すれば、大勢の人々が見守る中で、
日本人の誇りが砕け散るだろう」

というメッセージと9億円の身代金要求とともに。

また、犯行グループは
50万人も殺せる毒物を持っていた。

特命係の2人、捜査一課、
元鑑識の米沢守、警察庁の神戸尊と共に
事件解決に向け動き出す…。

調査を続けると
「大勢の人々が見守る中で、
日本人の誇りが砕け散るだろう」
という言葉の意味が判明する。

それは、東京の銀座で行われる
世界スポーツ競技大会に出場した
日本選手の凱旋パレードのことだった。

そこには、50万人以上の見物客が集まる。

特命係は、50万人以上の見物客を守れるのか…?
~~

さて、ここまでがあらすじでした。
ここで気になることが出てきましたね。

・リュウの部下を殺した黒衣の男は
国際犯罪組織バーズのリーダー・レイブンなのか?

・リュウの部下が調べろと言った
「天谷克則」とは誰なのか?

・なぜ犯人は7年後の今になって
このような行動に出たのか?

きっと映画の最後で
全て解決されるんですよね。

これらの謎は、
2017年2月11日に公開される映画を見て
確認しましょう!

映画は面白いみたいですよ^^

まとめ

相棒の映画は、毎回
いろいろな謎がちりばめられていて
それを1つずつ解決していくんですよね。

2017年2月公開の相棒も
謎がいくつかありますし、
とても楽しめそうです!

スポンサードリンク


2017年1月26日 相棒 映画 2017のネタバレあらすじ,最後どうなる? はコメントを受け付けていません。 映画