ANA系不正転売 男性社員の名前や顔画像が発覚?隠ぺい体質に・・・

元ANA系社員が不正に使用済み優待券を持ち出し
チケットショップなどに転売していた事件

この事件を受けネットやメディアでは

氷山の一角なのでは?
数億円も得てなぜ示談に?
逮捕はなぜされないの?

と疑問の声が上がっています

今回はANA系社員の名前や顔画像、何故数億円も不正に
得たのに示談で逮捕されていないのか?調べていきたいと思います

スポンサードリンク

ANA系社員が不正転売し数億円も得ていた事件の概要

格安で国内線に搭乗できる大手航空会社「全日本空輸」(ANA)の
株主優待券をめぐり、グループ会社の元男性社員が、使用済みの
優待券を持ち出してチケットショップに転売、
不正に数億円を得ていたことが24日、同社関係者への取材で分かった。

優待券の再使用を防ぐ処理が一部で実施されていなかったことを
悪用した。内部調査で約2年前に判明したが、
同社は公表していなかった。

ANAは元社員を懲戒解雇し、優待券の仕組みも変更した。

同社関係者によると、元社員は約2年前まで数年間にわたり、
社内で保管されていた使用済みの株主優待券を不正に
持ち出してチケットショップに持ち込み、
「未使用」と偽って繰り返し転売。

内部調査では、元社員が不正転売で得た利益は
数億円に上るという。

ANAによると、使用済み優待券は当時、全国の空港カウンターなどで
利用され、回収後にコンピューターで再使用を
防ぐ処理をして一時的に保管。そ

の後、廃棄されていたが、一部についてはこうした処理が
されておらず、使用済み優待券でも再利用できた。

限られた従業員が一部で再利用できることを認識していたという。

ANAの内部調査などで平成27年に発覚し、
事実関係を認めた元社員は懲戒解雇。

同社は同時期に、優待券が使用済みか外見で判断できるよう
スクラッチを削る方式に変更した。

ANAの担当者は「不正の詳しい内容は明らかにできないが、
元社員とは既に示談が成立し、顧客や株主に被害が
なかったため公表を控えた。
二度と不正が起きないよう管理体制を見直した」としている。

ANAの優待券は半年ごとに計約200万枚を株主に配布。正規の半額で国内線を利用できる。
チケットショップでは1枚数千円で売買されている。

なぜANA系元社員は示談?逮捕されないのは?

使用済みである株主優待券をチケットショップなどに転売し
不正に数億円以上も得ていたANA系社員

普通に考えたら、額も額ですし逮捕され刑事告訴されても
全然おかしくない事件です

よくもまぁ、今までばれなかったなぁと思いますが
こう見ると今までANAでは今回の社員がしたような
手口での犯行があったのか?疑いたくなります

氷山の一家っくと思われてもしょうがないこの事件ですが
何と発覚したのは2年前

それまでずっと黙っていたANAの隠ぺい体質にも
疑問を持ってしまいます

刑事事件にはならず、示談で済んだという事ですが
数億円と言う金額をANA社員はすべて返金したという事なんでしょうか?

2年前におきた事件が明らかになりそれから、
「不正の詳しい内容は明らかにできないが、
元社員とは既に示談が成立し、顧客や株主に被害がなかったため公表を控えた。
二度と不正が起きないよう管理体制を見直した」

と言われてもANAを利用している顧客は全く理解できないのでは?

スポンサードリンク

ANA系社員の名前や顔画像は?

株主優待券を不正に転売し数億円も得ていた社員の男ですが
なぜ名前や顔画像が公表されないのか?

事件としてもかなり悪質ですし示談で住んでいる時点で
驚きを隠せないとのコメントも

悪質すぎるこの事件ですがネットなどで調べても
ANA系社員の年齢すら公表されていません

このANA系社員の同僚などからのSNSなどでの
名前や顔画像などの拡散に期待が持てるとの
声もあるようですが、全く信じられない事件です

このANA系社員はげんざい会社を辞め何をしているのか?

謎がまだ多い事件にネットなどでもまだまだ同じような
余罪が山のようにあるのでは?との声も上がっています

スポンサードリンク