子供や高齢者が熱中症になったら 食べ物や飲み物は何がいいの?

子供や高齢者が熱中症になったら 食べ物や飲み物は何がいいの?

SSK_minatabokkowosururetoribar_TP_V

毎年暑い季節になるとよく耳にするのが、子供や高齢者が
熱中症で搬送されたというニュース…

熱中症は、最悪の場合、命を落とす危険性もある
恐ろしい病気です。

そしてその多くが幼い子供や高齢者である場合が多く、
熱中症への予防や対策について、さらに真剣に考えて
いかなければならない事態は続いています。

では、なぜ成人に比べて、子供や高齢者が熱中症に
なる確率は高いのでしょうか?

今回は、子供や高齢者の熱中症の症状と、
熱中症になってしまった時に効果のある
食べ物や飲み物などについてご紹介します。

スポンサードリンク

子供や高齢者の熱中症の症状の違いは?

熱中症は、子供から高齢者まで幅広く
誰もがかかる可能性のある病気です。

特に子供や高齢者の場合、熱中症を発症する確立が高く、
それは以下にあげたような特徴が原因となっています。

 ・体内の水分量が少ない

 ・暑さ、寒さの感覚を訴えられない/鈍い

 ・体温調節機能が未熟/低下

また、高齢者は持病を抱えている方も多く、
体力も低下しているため、熱中症にかかったときに
一気に重症化してしまう可能性も高いのです。

そこで気をつけたいキーワードが、「かくれ脱水」。

子供の場合、「喉が渇く」という感覚が
熱中症の最初の症状です。

高齢者は、加齢により喉が渇きにくくなり、
水分補給をしなかったり、頻尿の心配から
水分を摂ることを控えてしまう傾向も。

子供と高齢者の熱中症は、こうした脱水症の
症状が出る「かくれ脱水」の段階を早めに気づくことが、
熱中症を予防する大事なポイントです。

子供の場合は保護者が、高齢者の場合や同居する家族や介護者が
日頃から注意深く見守り、こまめな水分補給を促すなど、
かくれ脱水を進行させないようにしましょう。

高齢者が熱中症になった時 食べ物や飲み物は何がいい?

それでは、高齢者が熱中症になった時、オススメの
食べ物や飲み物にはどんなものがあるのでしょうか?

熱中症になった時、即座に効果を発揮してくれるのが
「経口補水液」です。

隠れ脱水に陥っている場合、水やお茶をたくさん飲んでも
塩分を含んでいない飲料では、十分に回復することが出来ません。

経口補水液は、“飲む点滴”とも言われるほど
優れた飲料で、塩分と糖分がバランスよく含まれ、
体への吸収も早く、とてもオススメです。

液体タイプのほかに、ゼリータイプもありますので、
食事が喉を通りにくい方などはお好みのものを
選んでくださいね。

また、高齢者のいるご家庭では、いざという時のために
常時5~6本はストックしておくと安心ですし、
ご近所で購入できるドラッグストアを確認して
おくことも大事ですよ。

また、食べ物としては、

・スイカ
 ・梅干し
 ・漬物

などがあげられます。

スイカには塩分が含まれませんが、“塩”をかけて食べればさらに
甘みも増して美味しくなりますよね。

大切なのは、食べ過ぎて塩分を摂り過ぎないこと。
なにごとも適当な量が大事ですよ。

スポンサードリンク

子供が熱中症になった時 食べ物や飲み物は何がいい?

高齢者の場合を紹介してきましたが、それでは子供が
熱中症になった時は、どんな食べ物や飲み物がよいでしょうか?

高齢者と同じく、経口補水液がオススメなのは変わりないですが、
子供には飲みにくいこともあるかもしれません。

そんな時は、スポーツドリンクで大丈夫です。
特に、ポカリスエットはもってこいの飲料で、
水分とナトリウムを迅速に補給できるんです。

ただし!ポカリでは塩分が補えないことが唯一の弱点…

「えっ?ナトリウムって塩分じゃないの?」と思いますよね。

塩分とは塩化ナトリウムのこと。ナトリウム単体とは別物なので、
ポカリから塩分を摂ることは出来ないそうです。

また、糖分も多く含まれているので、
飲みすぎには注意してください。

他にも飲み物としては、

・牛乳
 ・麦茶

が効果的です。

特に麦茶は、ミネラル入りの麦茶がオススメです。

体を冷やしたり、血液をサラサラにする効果も
期待できるので、子供だけでなく大人にも
オススメな飲料です。

また、熱中症対策に効果のある食べ物は、

・スイカ
 ・桃
 ・バナナ
 ・じゃがいも

などが、水分補給や体の水分を維持する効果があり、
熱中症になりにくい体を作ってくれます。

熱中症はもちろん、夏バテ対策にもなりますので、
子供には積極的に食べさせてあげましょうね。

最近では、夏が近づくとスーパーや薬局などで
塩分入りのキャンディーやゼリー、ドリンクなどが
登場してきましたね。

こういった季節商品もバッグに常に入れておくなど、
水分補給のアイテムとして上手に活用してみてください。

まとめ

子供や高齢者の熱中症の症状や対策をみてきましたが、
いかがでしたか?

子供と高齢者は、本人から脱水症状を訴えてくることが
難しく、知らぬ間に“かくれ脱水に”なっていることも
あります。

保護者や介護者は、つねに脱水症状を起こしていないか、
注意して見てあげなければなりません。

基本的な熱中症の予防策として、

・外出時は通気性の良い衣類を着用する
・帽子や日傘を使用する
・炎天下に長時間いない
・こまめな水分補給
・室内の温度・湿度管理を適切に
・具合が悪い様子はないか

など、普段からしっかりとチェックしてあげることで、
熱中症発症を防ぐことが出来ます。

まずは、“かくれ脱水”にならないためにも、
普段から夏場はこまめに水分補給が出来るように気を配り、
熱中症にならないよう対策を取りましょう。

スポンサードリンク

関連記事

>仕事中の熱中症の症状?頭痛や下痢が、吐き気が 効果のある薬は

熱中症の症状で頭痛や吐き気がひどい 通院するなら大きい病院?

子供や赤ちゃんが熱中症の症状 寒気や発熱、嘔吐があった場合

熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点

仕事中の熱中症の症状?頭痛や下痢が、吐き気が 効果のある薬は

仕事中の熱中症の症状?頭痛や下痢が、吐き気が 効果のある薬は

OOK863_neccyusyou_TP_V

じめじめとした梅雨の時期。これからどんどんと気温が上がって
暑い夏がやってきますね。

夏に注意したいのが熱中症です。

中でも、熱中症の症状といえば頭痛や下痢、吐き気など
普通の頭痛などの風邪とは違って治りにくいって知っていましたか?

今回は、熱中症による頭痛について、急に痛くなった場合や
下痢や吐き気などの症状の
対処法や、薬の服用の注意点などについてご紹介します。

スポンサードリンク

仕事中に頭痛が 熱中症の症状に気づくためにはどうしたらいい?

仕事中や外出先で急に頭痛が…!

すぐに病院に行くことも出来ないし、どうしたらいいの?

気温が上がると屋外だけでなく、室内においても熱中症になりやすい
状態になります。

日頃から頭痛になりやすいというあなた。
または、下痢や吐き気を感じるという場合

いつもの頭痛と、熱中症による頭痛、下痢や吐き気は全く別物。
誤った対処をしないように、ここでしっかりと覚えておきましょう。

まずは頭痛の場合、炎症を鎮めたり熱を下げる鎮痛剤を
飲む方も多いと思いますが、
熱中症による頭痛の場合は「頭の脱水症状」が原因のため、
鎮痛剤を飲んでも治りません。

スポンサードリンク

熱中症の頭痛、下痢や吐き気どう見分ければいい

では、普通の頭痛と熱中症による頭痛をどのように
見分けたらよいのでしょうか?

一般的な頭痛は、頭が脈を打つような痛みであるのに対し、
熱中症による頭痛は「締め付けられるような痛み」であると
言われています。

また、熱中症による頭痛は、中度に分類されますが、他にも

・めまい・下痢
・吐き気・嘔吐
・倦怠感・虚脱感

などの症状も含まれ、併発しているかどうかも
目安の一つにしてください。

吐き気や下痢の症状が出る前に速やかに
病院に行かれるのがベストです

最初の段階に当たる熱中症による頭痛の場合、
どのように対処したらよいでしょうか?

基本的に「体を冷やして体温を下げ、
水分補給をこまめに行う」ことが
解消のカギとなってきます。

(下痢や吐き気がある場合は即病院に)

熱中症で頭痛が酷い場合(下痢や吐き気はない)

具体的には、

 ①痛み出した早めの段階で水分補給をする

②涼しい場所に移動する

 ③衣服を緩め、足を高くして休む

 ④首筋や脇の下を濡らしたタオルなどで冷やす

この手順をすばやく行ってください。

頭が痛くなりだしたな、と思った時に水分補給を
しておけば、本格的な頭痛を避けることが出来ます。

上記の応急処置は、頭痛だけなく熱中症を疑ったら
まず始めに行う基本的な流れですので、
覚えておくとよいでしょう。

ちなみに、水分補給には、ミネラルや塩分が含まれた
スポーツドリンクがオススメです。
他にも、味噌汁、スイカももってこいだそうですよ♪

熱中症の症状 頭痛や下痢、吐き気をすぐに治したい 効果のある薬は

前述したとおり、熱中症の症状 頭痛や下痢、吐き気がある場合、
一般的な風邪薬や頭痛薬では効果は期待できません。

頭が脱水状態のときに、頭痛薬を服用すると、
低血圧や痙攣を起こす可能性がありますし
吐き気や下痢なども悪化する可能性高いようです

ケースによっては危険な場合があるので、
絶対に服用しないでください。

では、頭痛以外でも熱中症をすぐに治したい時に、
効果のある薬はあるのでしょうか?

残念ながら

「熱中症の症状に効く薬はない」

のが答えです。

熱中症の頭痛や吐き気、だるさなどは、
通常のものとは異なるため、解熱剤や吐き気止め
下痢止めなどを服用しても効果がないのです。

先ほども触れましたが、体がちょっといつもと違うな?と
感じるようなら、早めの「水分補給」と「体を冷やす」
応急処置をしてください。

意識障害などの重度の症状が見られるようでしたら、
すぐに救急車を呼ぶことを忘れずに。

熱中症の症状で頭痛や吐き気がひどい 通院するなら大きい病院?

絶対知っておきたい 熱中症の症状 頭痛や吐き気、下痢など

熱中症は、気温と湿度が高まる梅雨の時期から
注意が必要になります。

また、屋外、屋内問わず多く発生する症状です。

ちょっとでも体がおかしいと感じたら、
熱中症を疑ってください。

以下に熱中症の進行を3つの段階で紹介します。

〈軽度〉
めまい、失神、顔面蒼白、筋肉痛、こむら返り、
大量の汗、または全く汗が出ない

 〈中度〉
   頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、倦怠感、虚脱感

 〈重度〉
   意識障害、痙攣、手足の運動障害、以上に高い体温

軽度の場合は、応急処置を行って様子を見てください。

中度は、病院を受診する必要があります。

重度になると、命にかかわる危険な状態です。
すぐに救急車を呼びましょう。

熱中症は、命を落とすこともある恐ろしい病気です。

症状が軽いからといっても軽く考えずに、
すばやい応急処置で重症化を防ぎましょう。

まとめ

いかがでしたか?

熱中症になった場合の治し方について見てきましたが、
「効果のある薬が無い」という残念な事実も知りましたね。

ですが、熱中症は日頃からの努力で防ぐことが出来ます。

・気温の高い夏の時期は、必ず水分補給を忘れず
・睡眠時間は最低でも6時間は確保
・バランスのよい食事を心がける

など、普段から熱中症対策を心がけて、夏バテに注意し、
夏を快適に過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

熱中症の症状で頭痛や吐き気がひどい 通院するなら大きい病院?

子供や赤ちゃんが熱中症の症状 寒気や発熱、嘔吐があった場合

熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点

子供や高齢者が熱中症になったら 食べ物や飲み物は何がいいの?

熱中症の症状で頭痛や吐き気がひどい 通院するなら大きい病院?

熱中症の症状で頭痛や吐き気がひどい 通院するなら大きい病院?

tayou85_yaritenoeigyouman20140823100721_TP_V

気温や湿度が上がる梅雨の季節。じめじめと嫌な時期ですが、
体調を崩したりしていませんか?

この時期心配になってくるのが、熱中症。

そういえば最近、頭痛が続いたり、胃がムカムカして吐き気も・・・
なんて方もいるでしょう。

あまりピンとこないかもしれませんが、頭痛や吐き気も
熱中症の症状のひとつなんです!

それでは、熱中症で頭痛や吐き気がある場合、
どのように対処すればよいでしょうか?ご紹介します。

スポンサードリンク

まさか?私が熱中症!?頭痛や吐き気が酷い場合どうすれば

熱中症は、症状によって軽度から重症まで分類されます。

頭痛や吐き気を感じるようになると、それは中度の可能性も!
放っておくと重症になり、死に至ることもあるので注意が必要です。

では、熱中症で頭痛や吐き気がひどい場合は、
どうしたらよいのでしょう?

熱中症の症状で中度に含まれるのは、

・頭痛

 ・吐き気・嘔吐

 ・気分が悪い

 ・倦怠感、虚脱感

などがありますが、こんな症状が現れたら、病院へ行き
医師の診察を受ける必要があります。

頭痛でも吐き気でも、熱中症によるものは水分不足の状態
が考えられます。

まずは、水分・塩分(ミネラル)をしっかりと補給しましょう。

吐き気の場合、ひどくなると嘔吐することもあります。
そうすると、さらに水分不足となって脱水症状になりかねません。

脱水が進むと、呼びかけに応答しない、汗を全くかかなくなる、
目や肌の乾燥がひどくなる、目の下のくぼみや唇が青白くなるなどの
症状がみられ、とても危険な状態となります。

この場合は、迷わず救急車を呼んで医療機関を受診してください。

>仕事中の熱中症の症状?頭痛や下痢が、吐き気が 効果のある薬は

熱中症による頭痛や吐き気は、一旦落ち着いても数日~1週間ほどは
体の状態を見ておく必要があります。

仕事や遊びは無理をせず、安静を心がけるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

熱中症で病院へ 大きい病院のほうがいいの?

熱中症の症状が重い場合は、病院へ行って医師による
適切な処置を受けなければなりません。

症状が悪化するだけでなく、命に関わる重度な症状を起こして
いる場合もありますので、注意が必要です。

では、熱中症で病院を受診する場合、何科で見てもらえば
よいでのでしょうか?

大人の場合、診療科は内科、子供は小児科で見てもらうのが
一般的です。

症状により、処置される内容は異なりますが、頭痛や
吐き気など、中度の症状の場合、「体の熱を冷ますこと」と
点滴などで「脱水症状から回復させる」処置や処方薬が出されます。

ただし、先ほども触れましたが、意識がない、痙攣を
起こしているなど重症な症状になると命に関わる危険な状態です。

この場合、脳の異常による影響が考えられ、放置すると肝臓や
腎臓の機能障害を起こしかねません。

一刻も早く救急車を呼ぶか、なるべく大きな病院へ早急に
行くことをおススメします。

熱中症になったら 仕事は休むべき?

熱中症になってしまうと、気分の悪さから頭痛や吐き気がして
回復までは何日もかかってしまいますよね。

ただ、ちょっと体がだるいだけだし・・・
熱中症が理由で仕事は休めるのかな?

そんな疑問を抱く人も多いかもしれません。

熱中症は、体温調節の機能が落ち、自律神経が弱っている
状態です。

数日休んで「もう大丈夫」と思っても、完全に体が
回復するには1週間ほど様子を見る必要があります。

熱中症は一度なると繰り返す、とも言われています。

頭痛や発熱が2,3日で治まっても、吐き気や下痢など
体がだるい状態が長引いてしまうことも良くあることです。

だいぶ回復したからといって、最低でも4,5日は体を
しっかりと休め、休養を大事にしてください。

自分の体にムチを打たず、ゆっくりと療養期間を
設けて安静を心がけてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

熱中症による頭痛や吐き気は、十分に体を
休めることが必要です。

まずは、そのような症状が現れた場合は、
病院で内科や小児科の医師から適切な処置を
受けることで回復が早まります。

また、数日で症状が落ち着いた場合でも、
無理して動いたがために、さらに辛い状況が
長引いてしまうことも知りましたね。

熱中症にかかったら、必ず1週間は自宅で安静に
することが重要です。

なるべく睡眠時間は6時間を確保し、消化の良い
食事を摂るようにしましょう。

あまりに長引くようでしたら、再度病院を
受診してくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

>仕事中の熱中症の症状?頭痛や下痢が、吐き気が 効果のある薬は

子供や高齢者が熱中症になったら 食べ物や飲み物は何がいいの?

子供や赤ちゃんが熱中症の症状 寒気や発熱、嘔吐があった場合

熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点

子供や赤ちゃんが熱中症の症状 寒気や発熱、嘔吐があった場合

子供や赤ちゃんの熱中症の症状 発熱や嘔吐があった場合

LISA78_hozonshitene-20141018102704-thumb-autox1600-17988

これからの季節、子供や赤ちゃんが熱中症になる危険性が
増えてきます

今回は子供や赤ちゃんに寒気や発熱 嘔吐など
熱中症の症状が現れた場合どうすればいいのか
見ていきたいと思います

スポンサードリンク

子供が熱中症 寒気や発熱などの症状が出たらどうしたらいいの

子供が小さいうちは自分の不調をうまく伝えることは
できませんよね。

だからこそ、親が常に子供の様子を見て、熱中症の症状に
気づいてあげなければなりません。

もし、子供が熱中症になったら、どうしたらいいの?

突然のことであたふたしないためにも、ここでしっかりと
覚えておきましょう。
子供が熱中症にかかった時に、出やすい症状として、
「発熱」と「寒気」があります。

気温が体温を上回ってしまうような猛暑の環境にいると、
体から熱を放出することが困難になってしまいます。

子供の体は、体温調節が未発達なため、大人よりも熱中症に
なりやすく、発熱も起こりやすいのです。
また寒気ですが、熱中症なのになんで寒気?と
思うかも知れません。

これも発熱と同様、体温調節の機能が働かなくなる影響で
おこる症状です。

熱中症により、脳の中で「暑い」と感じるところを「寒い」と
勘違いしてしまい、体温が上がっているのに寒気を訴える状態を
いいます。

脳の異常ですので、寒気を感じたら危険なサインと覚えておいて
ください。この場合は、すぐに病院へ行くことが先決です。
高熱でない限り、軽い症状であれば、病院へ行く前に
私達ができる対処法があります。

1.涼しい場所で休む

2.電解質が含まれたドリンクを少しずつ飲む

3.首まわりを濡らしたタオルや霧吹きなどで冷やす

寒気などがせず、症状が軽いと判断できる場合は、
上記のような対処をして様子を見てくださいね。

ただし、高熱や寒気を訴える場合、
すぐに救急車を呼ぶことが大前提です。

いざという時に役に立つので、ぜひ覚えておきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんが熱中症に サインや症状は?

ベビーカーのフードで日差しを避けてるから大丈夫♪

そう思って、ついついママ友と数分立ち話・・・なんて場面、
ママだったらよくあることですよね。

そのうちに赤ちゃんは汗びっしょり。脱水症状に陥っている
可能性もありますよ!

小さな赤ちゃんにとって、熱中症の初期症状である「喉が
渇く」ということを言葉で訴えることは難しいですよね。

そのため、パパやママがそのサインをいかに早く察知できるかが
熱中症を予防するポイントになってきます。

赤ちゃんの熱中症サインは、他にも

・頬が赤く、触ると熱っぽい
・元気がなく、ぐったりとしている
・いつもより母乳やミルクを飲みたがる
・オムツが渇いている(尿の出が少ない)

これらを防ぐための一番の予防策が「水分補給」です。

母乳やミルク、ベビー麦茶など、赤ちゃんが飲めるものを
少しずつ、こまめに飲ませてあげましょう。

普段から水筒やペットボトル、赤ちゃんが慣れている
ベビーマグを持ち歩くことを習慣づけることが大切です。

また、お出かけ先に授乳室があるか事前にチェックしたり、
授乳ケープもとっさの場合便利ですので持ち歩くなど、
定期的に水分を摂るための準備も忘れないでくださいね。

その他、

・服装や室温調節をする

・保冷剤で体を冷やす

・こまめに汗をふく

・帽子などで直射日光を浴びないようにする

以上のようなことで赤ちゃんを熱中症から守ってあげてください。

帽子を嫌がる子もよくいますが、帽子に入れるタイプの
保冷剤を使用すると、案外子供も涼しくて気に入って
被ってくれることがあるみたいです。

気になる方は探してみてくださいね。

熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点

赤ちゃんや子供が熱中症になった時、慌てないために

もしも、赤ちゃんや子供が熱中症になってしまったら?

突然のことでパニックになってしまうかもしれません。

熱中症の治療で大切なのは、いかに早く体温を下げるかに
かかってきます。

初期症状を見逃して対処が遅れたり、誤った判断で
応急処置をしてしまうと、意識障害が起こったり
重症化してしまう危険性も・・・。
正しい応急処置を早急に行うことで、十分回復が期待できます。

また、救急車を呼んだ際も、到着までの時間に、慌てず、焦らずに
すばやい対処ができ、最悪なケースを防ぐことができるかもしれません。

それでは、自分にもできる!慌てないための
ケアマニュアルをご紹介しましょう。

1 まず意識を確認

2 水が飲めるかどうかをチェック

3 応急処置の反応を見る
(衣類を緩め、足の付け根・わきの下・首の後ろなどを冷却)

簡単なことですが、落ち着いて一つずつ確認しながら行って
ください。

軽症ならば、早急なセルフケアで回復させることが可能です。

ただし、重症化してしまった場合は一刻も早く救急車を
呼んでください。

また、熱中症で子供が発熱をしている場合は、
重度の熱中症である事が考えられます。

例えば、40度近い発熱があった場合、
体の中心部分ではかなりの高熱になっているはずです。

意識があるないに限らず救急車を呼びましょう。
赤ちゃんや子供の熱中症には、予防が一番大切です。

いつもと違ってなんとなく体調が悪そうだなと思ったら、
早めに対策を打ちましょう。

スポンサードリンク

子供や高齢者が熱中症になったら 食べ物や飲み物は何がいいの?

>仕事中の熱中症の症状?頭痛や下痢が、吐き気が 効果のある薬は

熱中症の症状で頭痛や吐き気がひどい 通院するなら大きい病院?

熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点

熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点

熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点

ANJ77_nemunemuanjyu20141115135639_TP_V

夏本番!夏休みはプールに海にキャンプに・・・
楽しい予定をたくさん計画中の方も多いかと思います。

そこで気をつけなければならないのが「熱中症」。

暑さや水分補給をするのも忘れて遊びに夢中になっていると、
熱中症を発症していることも!!

熱中症は命に関わる危険な病気です。

命を守るためには、熱中症を発症していることに
早く気づくことが大切なんです。

今回は、熱中症とはどんな症状なのか?
また、赤ちゃんや子供が熱中症にならないためにも、
その対策法などをご紹介していきます。

スポンサードリンク

熱中症とは?症状と対策 注意点は?

夏になると、熱中症の注意を喚起する声が高まりますよね。

そもそも熱中症とは、気温が高い状態が続くと、汗をかくことで
体の水分や塩分が失われます。

また、湿度が高いと、汗が蒸発せずに熱がこもったままの状態に
なってしまうんです

この“体温調節の機能が働かなくなってしまう状態”を熱中症といいます。

熱中症の症状としては、

・口が強く渇く
 ・めまい、顔のほてり、立ちくらみ
 ・生あくびが頻発する
 ・手足のけいれん・筋肉痛
 ・身体のだるさ、吐き気、嘔吐、頭痛
 ・まっすぐに歩けない
 ・汗のかき方がおかしい(異常に汗をかく、全く汗をかいていない)
 ・意識がない、呼びかけに応答しない

などのような症状がでたら、熱中症にかかっている危険性が
あります。

日頃からこのようなサインが出ないよう、予防や対策が
必要です。

子供や赤ちゃんが熱中症の症状 寒気や発熱、嘔吐があった場合

それでは、どのような対策を行えば、熱中症を予防できるでしょうか?

 熱中症対策

①暑さに負けない体作り

・水分補給はこまめに
・適度な塩分の摂取
・快適な睡眠環境づくり
・バランスの取れた食事をしっかりと

②生活の中での暑さに対する工夫

・「気温と湿度」をいつもチェック
・室内は涼しく
・吸水性や速乾性に優れた衣服を選ぶ
・日差しをよけるように
(日傘や帽子の活用、日陰で活動する)
・冷却グッズの活用
(冷却シートや、冷却スカーフ、氷枕など)

③暑さから身を守るアクションを

・飲み物を持ち歩く
・休憩をこまめに取る
・熱中症指数を気にする
(テレビやWebなどで公開している熱中症指数で
熱中症の危険度をチェック)

特に注意が必要なのが、高齢者と小さなお子さんです。

スポンサードリンク

赤ちゃんや子供、高齢者が熱中症にならないための注意点

エアコンをかけずに室内で過ごした高齢者が、熱中症に
なってしまったニュースを、耳にしたこともあるかと思います。

高齢者は、暑さや体の水分不足を自覚しにくいため、
我慢大会のように扇風機やクーラーを使わずに
過ごしてしまいがちなんです。

また、小さなお子さんは体温調節機能が未発達なので、
熱中症にかかる危険性は大人よりも高くなります。

身長も低く、地面からの照り返しを受けながら長時間
遊んだりすると、大人が思う以上に暑い環境にいることになり、
いっそうの注意が必要です。

高齢者や小さなお子さんも、熱中症から守るために、
周囲の協力が必要です。

水分補給や服装選びはもちろん、外にいる時間を減らし、
室内の温度チェックは欠かさず行うようにしましょう。

まとめ

今回は 抵抗力の少ない子供や赤ちゃんが
熱中症にならないにはどうすればいいかまとめてきました

熱中症の症状と聞いて、思い浮かぶのが高熱や嘔吐、下痢などですが
その他にも、目眩や酷い場合そのまま意識を失う可能性も
あるようです

また子供や赤ちゃんだけじゃなく高齢者なども
熱中症の犠牲になる方がいるようです

スポンサードリンク

関連記事

>仕事中の熱中症の症状?頭痛や下痢が、吐き気が 効果のある薬は

熱中症の症状で頭痛や吐き気がひどい 通院するなら大きい病院?

子供や高齢者が熱中症になったら 食べ物や飲み物は何がいいの?

子供や赤ちゃんが熱中症の症状 寒気や発熱、嘔吐があった場合