一週間フレンズ 映画のあらすじと感動の結末をネタバレ!

1227情報出し用_main-300x179[1]
アニメに舞台に
とても人気の高いマンガ
「一週間フレンズ。」が
実写映画になりますね。

公開は2017年2月18日ですが
「その前に話を知りたい!」
というあなたのために

今回は「一週間フレンズ。」の
あらすじと結末をネタバレしますよ。

最後はとても感動するストーリーなので
ぜひ、お楽しみに。

では、まずあらすじから見ていきましょう。

スポンサードリンク

「一週間フレンズ。」のあらすじは?

一週間フレンズ。には
原作があるのでネタバレを含む
あらすじを紹介していきますね。

~あらすじ~

高校2年の長谷祐樹は、
クラスメイトの藤宮香織と
友達になりたいと思っていた。

初めて会った日から気になっていた香織と
どうしても友達になりたかった祐樹は
思い切って「友達になってください」
と声をかける。

結局、その申し出は断られてしまうのだが。

ひょんなことがきっかけで
仲よくなった2人。

話もするようになったにも関わらず
金曜日になると、香織は突然
祐樹を拒否し始める。

「もう話しかけないで」
「私は友達との記憶を一週間しか覚えていられない」
そこで祐樹は、突然、香織にそう告げられたのだった。

香織にそう告げられたものの
祐樹はどうしても信じられなかった。

しかし月曜日、教室で会った香織は
本当に祐樹との記憶を忘れていたのだ…。

祐樹は現実を受け止め、もう一度
香織に友達になりたいと告げる。

香織は拒否するものの
祐樹は先週、香織と過ごしたことを告げ
もう一度友達になることに。

祐樹は自分のことを少しでも
覚えていてもらえるように
日記をつけることを提案する。

香織はどんなささいなことでも
日記につけていく…。
(実写映画では交換日記になっています)

日記をつけるようになってから
記憶がリセットされている月曜日に
祐樹から「友達になって」と言われても
拒絶しなくなっていた。

むしろ距離は確実に近付いていく…。

しかし、そんなある日
香織の小学校の同級生・九条一が転入してくる。
(実写映画では中学校の同級生になっています)

その人は、香織の過去を知っているみたいで…。
~~
・香織にどんな過去があったのか。
・記憶障害は治るのか。
・祐樹との関係はどうなるのか。

気になることがたくさん
ありますよね?

そこで次は、感動の結末を
原作からネタバレしていきますよ。

スポンサードリンク

「一週間フレンズ。」の感動の結末をネタバレ!

T_CO_isshuukanf_001_0007-0_2L[1]

http://sokuyomi.jp/product/isshuukanf_001/CO/7/

では、原作から結末をネタバレしますね。

・香織の過去について
香織と一は、小学生時代とても
仲が良かった。

しかし、一は転校することになってしまう。
仲が良かったからこそ、別れのあいさつをしようと
2人は公園で待ち合わせをすることに。

約束の日、香織が公園についたとき
一が一の兄と何やら話していた。

それは、一の兄が香織を怖がらせ
そこに一が現れて助けるというもの。

香織の好感度を上げる作戦だった。

一はその作戦を拒否するのだが
香織はその会話の一部だけを聞き、
内容を誤解してしまう。

落ち込みながら家に帰る途中、
クラスメイトである友人たちの話が
聞こえてきた。

「香織ちゃんは、一君が引っ越すことをしっていた」
「抜けがけ、サイテー!」

友人たちは、一と香織の仲の良さに嫉妬し
彼女をいじめようと話していたのだ。

香織にとって、一のことも
友人のこともショックが大きかった。

赤信号にも関わらず道路に飛び出てしまい
事故にあってしまう。

そのとき、香織は
「こんな思いをするなら、
この一週間の記憶がなくなればいいのに」

「また裏切られるなら友達なんかいらない」
と願う。

そして、事故から目が覚めると
香織は本当に1週間で友達の記憶が消える
記憶障害になっていた。

・記憶障害は治るのか?

香織は自分の過去を思い出した。
そして迎えた月曜日…。

香織は祐樹や他の友達のことも
しっかり覚えていた。

・祐樹との関係は…?

香織が1週間前のことを覚えていたことに
祐樹は驚く。

そんな祐樹に香織は
「祐樹と仲良くなって本当に信じられる友達だと気付いた」
「全部、祐樹のおかげ」
「友達になってくれてありがとう」
と感謝の気持ちを伝える。

「でももう、友達になってくださいって
言われないと思うと少しさみしい」
香織は冗談めかして祐樹に告げた。

それを聞いた祐樹は
「今度は、友達じゃなくて恋人になろう」
と言おうとするが…

香織が隠れている将吾らを発見。
結局、言うことはできなかった。

昼休みが終わり、教室に戻ろうとする
香織に祐樹が告げる。

「最後にやっぱり言っておきたいことがあって…
俺とまた友達になってください!」と。

香織は、笑顔で「はい!」と答えたのだった。

~~
原作はこんな結末でした。
記憶障害が治ったんだね~!と感動です…。

あえて「友達になってください」で
終わらせるのが「一週間フレンズ。」らしくて
いいですよね。

まとめ

実写映画では原作と設定が違うところがあるので
話が少し変わる可能性も。

もしかしたらアニメ同様
「記憶がなくても何度でも友達になる」
というラストになるかもです。

映画版ではどんなラストになるか
楽しみですね。


2017年1月26日 一週間フレンズ 映画のあらすじと感動の結末をネタバレ! はコメントを受け付けていません。 映画