五郎丸 高校時代に犯したミスとは?二度と味わいたくないという挫折

五郎丸 高校時代に犯したミスとは?二度と味わいたくないという挫折

goroumaru_2

こんにちは、ゆうきです

今回は五郎丸歩さんの高校時代について
まとめていこうと思います

五郎丸さんは、お兄ちゃん二人がラグビースクールに
通っていたことがきっかけで、中学の頃から
ラグビーを始めたんですよね

でも中学ではサッカー部に所属していたんで
掛け持ちでやっていました

今のキックの正確さは小学校から中学校までやっていた
サッカーのおかげと言っていました

スポンサードリンク

五郎丸歩の高校時代の実力

五郎丸さんは、中学生の頃から始めたラグビーを
高校でも続けようと佐賀県立佐賀工業高校に進学します

佐賀工はラグビーの強豪校でその時次男の亮さんが
プレーしていて、顧問の先生に誘われたのが
きっかけなんだそうです

工業高校ってことは男子校だったんですね~。

この頃はラグビー一本で、恋愛とかしていなかったのかな?

でも佐賀工ラグビー部って全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)に
3年連続出場し3年連続ベスト8を果たすほどの
名門校だし、五郎丸さんのイケメンぶりを考えると

他の高校にファンとかいそうですね。

五郎丸さんは強豪校でも大活躍していましたが
試練が立ちはだかります

それは、今から12年前の2003年
全国ラグビー準々決勝

ここで今でも見たくないというミスを犯し
生まれて初めて挫折を味わうことになるんです

スポンサードリンク

五郎丸が思わず目をそむけたくなるミス、挫折とは?

2003年、全国ラグビー準々決勝に
高校2年生だった五郎丸歩選手は
守りの要、フルバックで出場します

重要な場面で、キックの空振り、または、キャッチミス

試合序盤でミスを連発しチームはリズムを失い敗退

この試合には一つ年上の兄、五郎丸亮さんも出場しており
試合終了後、大号泣の五郎丸歩選手。

でもその時兄の亮さんはかける言葉が無かったそうです

そしてこの試合後から五郎丸歩選手は、チームから
責められる形になり、いわゆるしごき
始まります

img_12

毎日、精神崩壊寸前までの練習

全体練習が終わった後の、監督との居残り練習

たださえ、クタクタなのに、五郎丸選手は
一度も音を上げなかったんだそうです

クールな印象の五郎丸選手ですが
実はスーパー負けず嫌いで
勝つまで何度も何度も立ち向かうタイプ

そして周りのチームメイトも
五郎丸選手の頑張りを認め和解

そこから五郎丸選手の進化が始まったんです

五郎丸選手が高校3年生の頃、花園で
本当に高校生か?というほどキックの精度だったんだそうです

五郎丸選手がこの頃を振り返って

試合でミスをした選手を、チームと監督が
しごきをするなんて今では考えられないことですが

この時のことを五郎丸さんは意外にも感謝していると言います

はたから見ればしごきに思われるかもしれませんが
当時の監督は、五郎丸選手を実の息子のように
厳しく、毎日遅くまで練習に付き合ってくれたんだと。

実はこれテレビで放送されてたんですけど
このミスを犯した試合を見たことが無かったんですって

まぁそうですよね~、初めて挫折を味わい
辛い思いをした思い出ですもんね

で、テレビ司会者の安住紳一郎とかが謝るんですけど
でも逆に見れたことを感謝してたんですよね~。

なんかそのシーンがすごくジーンときちゃって

今辛いこと、困難に立ち向かってる人を
凄く勇気づけてくれる動画です

コチラから見れます⇒https://www.youtube.com/watch?v=MYwsqMtlWOA

まとめ

さて今回は五郎丸選手の高校時代のミスと挫折に
ついて書いてきました

何か今の五郎丸さんの栄光があるのは
高校時代に味わった挫折のおかげだったんですね

何かすごく元気をもらい勇気づけられました

最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサードリンク


2015年10月31日 五郎丸 高校時代に犯したミスとは?二度と味わいたくないという挫折 はコメントを受け付けていません。 五郎丸 未分類