橋本市議に協力した印刷会社は宍粟市のどこ?送ったラインとメールは?

橋本市議に協力した印刷会社Bは宍粟市のどこ?送ったラインとメールは?

20170823-00000098-dal-000-12-view

政務活動費で作成した議会報告が架空だった今回の問題

橋本市議は印刷会社と口裏を合わすため
前もってラインやメールで事前に依頼を受けていたことが分かりました

橋本市議はこの件に関して具体的な言及もなく議員辞職をすることで
この場を収めようとしているように思えます

しかし、さすがにそれでは神戸市民も国民も納得はいきませんよね

橋本市議に協力した神戸市内の印刷会社Aと宍粟市の印刷会社Bはどこなのか?
またこの印刷会社に送ったラインやメールで新たな余罪が
浮上するのか調査していきます

スポンサードリンク

印刷会社Aの代表が激白!!橋本市議の言い分が違うのはなぜ?

橋本市議は23日に開かれた会見で

「仲介業の男性にデザインを、印刷会社に原稿を
自ら持ち込み、チラシを8回受注し、それぞれに代金を支払った」

説明したと話していますが、これは虚偽の可能性が・・・

印刷を請け負ったとされる印刷会社Aの代表は

「仕事を依頼されたことはなく、お金も受け取っていない」などと証言し、
架空の領収書を書いたことも明らかになっています

印刷会社は橋本市議から本当に金銭は貰っていないのか?

橋本市議に協力した形となってしまった神戸市内の印刷会社Aと
宍粟市の印刷会社Bですが本当に金銭は貰っていないのでしょうか?

疑問に思うのは実際受けていない注文に対し、領収書を
会社がきるのか?という事です

普通に考えたら何らかの見返りがない限り会社の
信用問題に発展しかねないことをするのか?

印刷を受けった理由については具体的に言わなかったものの
やはり国会議員からの発注という事もあり
断ってしまうと自分の会社に仕事が回ってこないことを
恐れたためなのではとの意見もあるようですが、まだ何か
隠しているようにも思えますね

スポンサードリンク

橋本市議に協力した神戸の印刷会社Aと宍粟市の印刷会社Bどこ?

ハシケン通信と言う政策チラシを発注されたとされる
神戸市内の印刷会社Aと宍粟市内の印刷会社Bはどこなのか?

現在ネットでも多くの情報が流れていますが

橋本市議がデザインを発注されたとされる神戸市内にある
印刷会社Aは「大森印刷」

下請けの宍粟市の印刷会社Bは「稲田印刷』だとされています

橋本市議だけはまだはっきりと不正をしたと言及していませんが
全国的にこんなにも大きくなってしまった今回の問題

神戸市内にある印刷会社Aと下請けの宍粟市の印刷会社Bも
会社経営存続の危機を迎えていると言えるでしょう

橋本市議が印刷会社に送ったラインとメールの証拠画像

まずは橋本市議が橋本市議が印刷会社会社に送ったとされる
ライン画像を見てみましょう

 

b74c415ffd2f7eb2eaac6f198dfd91d0

この内容はかなり信憑性が高いですしこのラインの内容が明らかになった今
もうアウトでしょう

そして次に橋本市議送ったメール画像

b_10498027

b_10498028

b_10498029

これも完璧アウトですね

まとめ

さすがに今回の件橋本市議と言う人物がどれだけ、
人前で平気でうそをつける人間かよくわかったような
気がします

こんな人間が神戸市議で高い給料をもらっていると思うと
神戸市民だけじゃなく税金を払っている国民として
腹が立ってきます

ただ神戸市議会にはまだまだ黒い噂が流れていますし
これで終わりにせず徹底的に調査し、今自分もばれるのでは?と
ビクビクしている市議も調査して欲しいものです

スポンサードリンク

関連記事

橋本市議の歯科医院 神戸では現在休業中?運営資金と従業員も激怒


2017年8月28日 橋本市議に協力した印刷会社は宍粟市のどこ?送ったラインとメールは? はコメントを受け付けていません。 事件