飯田一明逮捕で広島県立竹原高校バレーボール部怒りの声

飯田一明逮捕で広島県立竹原高校バレーボール部怒りの声

広島県立竹原高校の教師である飯田一明が逮捕された事件

逮捕された罪名が覚せい剤所持という事もあり
かなり波紋をよんでいます

と言うのも飯田一明は広島県立竹原高校のバレー部を受け持ち
主審を務めるほど

もし今回の飯田一明の逮捕がきっかけで広島県立竹原高校の
バレー部員が大会出場停止にでもなったらと選手や保護者
応援している方々から不安の声が上がっているようです

スポンサードリンク

飯田一明が逮捕された事件の概要

広島・福山市で、県立高校に勤める教師の男が、覚せい剤を使用した疑いで緊急逮捕された。
覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、県立竹原高校の教師・飯田一明容疑者(45)。

18日午後8時半ごろ、住宅街を徘徊していた飯田容疑者は、
地域の防犯パトロールにつき添われる形で交番を訪れ、「自宅がわからなくなった」と話したという。

不審に思った警察官が所持品を調べたところ、注射器や白い粉が付着したプラスチックの袋などを発見し、
尿検査で覚せい剤の成分が検出されたため、飯田容疑者を緊急逮捕した。

飯田容疑者は、「大阪で使用した」と容疑を認めている

 

飯田一明の逮捕で広島県立竹原高校のバレー部の生徒や保護者の反応は?

飯田一明は教師歴20年以上のベテランでかなりの熱血教師だった
という事がわかっています

バレー部員からも信頼が厚く主審を務めるほどの
人格者が何故覚せい剤に手を出したのか?

飯田一明の逮捕を受けて広島県立竹原高校のバレー部は
毎日大会に向け練習してきた努力が水の泡になるかもしれない状況
に陥る可能性もあるかもしれないんです

この逮捕を受け広島県立竹原高校バレー部の生徒や保護者は
落胆の声を上げているようで

大会に出場できないかもしれないという不安感と共に
飯田一明を信頼していた選手たちの悲痛の声をあげていることでしょう

スポンサードリンク

飯田一明の性でバレー部は大会に出場出来ない?

飯田一明が覚せい剤所持・使用で逮捕されたことにより
広島県立竹原高校のバレー部は窮地に追い込まれているのは
間違いないでしょう

広島県立竹原高校の主審を務めるほどの人間が、あろうことか
覚せい剤使用なんて高校バレー協会も出場をどうするのか
頭を悩ませているようです

しかしなぜ、バレー部の主審を務め、部員や生徒、保護者からも
信頼のあつい飯田一明が覚せい剤なんかに手を染めてしまったのか?

現在、教師が逮捕される事件はかなり多いですがやはり
ストレスからなのでしょうか?

かといって、一生懸命頑張ってきたバレー部の選手たちの
想いを裏切った事実はどうしても許すことが出来ません

広島県立竹原高校 バレー部員や生徒たちの心のケア

人望も厚く、信頼されていた飯田一明の逮捕で
バレー部員だけでなく、生徒たちの心のケアが
心配と話す保護者もいるようです

大人への不信感につながりかねない今回の事件

どんなに大人が偉そうなことを言っても信頼していた教師が
覚せい剤を使用してたいほされるなんて・・・

と絶望感を持つ生徒たちもいるでしょう

今回の飯田一明が覚せい剤使用で逮捕された事件

大人たちがどれだけ美談を離したところで心の溝を
埋めるのはかなり難しいように思えます

スポンサードリンク


2017年8月20日 飯田一明逮捕で広島県立竹原高校バレーボール部怒りの声 はコメントを受け付けていません。 事件