「嫌われる勇気」のドラマキャストや気になるあらすじを紹介!

無題

http://www.fujitv.co.jp/kira-yu/

【放送情報】
毎週木曜日 夜10時~
フジテレビ系列で放送中

香里奈さんが主演のドラマ「嫌われる勇気」が
2017年1月12日(木)から放送が開始されましたね。

「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」
という有名な本をモデルにしてできたドラマなので
注目している人も多いでしょう。

それに、タイトルが「嫌われる勇気」なんて
この世の中には嫌われたくない人がほとんどでしょうに…。

ドラマを通して、本への注目も高まりそうですね^^

とはいえ、今回はドラマ「嫌われる勇気」の話!
気になるドラマキャストや
あらすじを紹介していきますよ。

まず最初は、ドラマキャストから。

スポンサードリンク

「嫌われる勇気」気になるドラマキャストは誰?

「嫌われる勇気」で、
個性的なキャラクターを
演じてくださるドラマキャストさんです。

どんなキャラクターを演じられるのか、
説明も一緒にまとめておきました^^

【主人公】
・庵堂蘭子(あんどうらんこ)/ 香里奈(かりな)

警視庁刑事部捜査一課8係に所属する刑事。
難事件を次々と解決する有能な刑事だが、
自分を信じ周りの声には耳を貸さないタイプ。

周りからの印象は良くないが、
蘭子はそれを何とも思っていない様子。

実は、幼少期にある事件に巻き込まれたことがある。

【主人公の相棒】
・青山年雄(あおやまとしお)/加藤シゲアキ(かとうしげあき)

念願だった捜査一課に異動になり、
蘭子と組むことになる。

優柔不断で心配性、
人に嫌われたくないと思っている気弱な男。

蘭子の自由な行動に振り回され
大嫌いになるが、一緒に行動しているうちに
青山の気持ちに変化が…?

【帝都大学文学部 心理学科】
・大文字哲人(だいもんじてつと)/椎名桔平(しいなきっぺい)

犯罪心理学を専門とし、大学では教授を務めている。
また、警視庁へ事件の犯人像に関する情報を提供する
特別コンサルタントでもある。

蘭子を嫌う青山に、アドラー心理
というものがあることを教える。

・土方登志郎(ひじかたとしろう)/寿大聡(じゅだいさとし)

大文字の同僚。
准教授をしているが、天然なため
年下の蘭子から注意されることが多い。

・間雁道子(まがりみちこ)/飯豊まりえ(いいとよまりえ)

大文字の助手。
しっかりしているため、大文字から信頼されている。

【帝都大学医学部 法医学教室】
・相馬めい子(そうまめいこ)/相楽樹(さがらいつき)

助教授を務めており、監察医でもある。
遺体の解剖からの見解を蘭子に否定され、
蘭子を嫌に思う。

蘭子の弱点を探す為、大文字に近付くが…?

【警視庁捜査一課8係】
・半田陽介(はんだようすけ)/升毅(ますたけし)

蘭子の上司で、係長を務めている。
蘭子の自由な行動に頭を悩ませている。

・小宮山正明(こみやままさあき)/戸次重幸(とつぎしげゆき)

捜査現場では、リーダー的役割。
後輩の浦部に対し、
自分が有能だとアピールしている。

・三宅隆俊(みやけたかとし)/桜田通(さくらだどおり)

ネットを使って操作を行う刑事。
無口なせいでオタクに見られるが、
捜査への信念は強い。

・浦部義孝(うらべよしたか)/丸山智己(まるやまともみ)

武闘派の刑事。
常に命令口調で話すが、
蘭子にことごとく否定される。

つっかかってくる先輩、
小宮山にイラつくことが多い。

【警視庁鑑識課】
・梶準之助(かじじゅんのすけ)/正名僕蔵(まさなぼくぞう)

「さすが庵堂蘭子」が口癖になっており、
蘭子に対して一目置いている。

・村上由稀菜(むらかみゆきな)/岡崎紗絵(おかざきさえ)

梶と組んで現場検証を行う。
梶をイジッてからかうが、蘭子に対しては
尊敬の意を示している。

~~

アドラー心理学入門 [ 岸見一郎 ]

ここまで、ドラマキャストの
皆さんを紹介してきました。

登場するキャラクターを見るだけでも
個性的で面白そうですよね!

「嫌われる勇気」のドラマは、
心理学の本が原案なので、
ストーリーは完全オリジナルです^^

次は、ドラマ「嫌われる勇気」の
気になるあらすじを見ていきましょう。

スポンサードリンク

ドラマ「嫌われる勇気」のあらすじは?

ストーリーがオリジナルなので
あらすじが気になりますよね。

刑事もののドラマって多いですし、
他のドラマとどう差をつけるのか…?

さっそく、あらすじを見てみましょう。

~ドラマ「嫌われる勇気」のあらすじ~

主人公の庵堂蘭子は、
警視庁刑事部捜査一課8係に所属している
有能な刑事である。

警察というのは、縦社会のため
基本的に上司に逆らうことはしない。

しかし、蘭子は違った。

「我が道を進む」性格で、
上司に意見することも多かったのだ。

周囲の評判を気にせずに行動し、
結果的に高い検挙率をほこる蘭子のことを
良く思っていない人間は多かった。

つまり、蘭子は「嫌われている」のだ。

そんな蘭子とコンビを組むことになるのが
捜査一課8係に異動してきた青山年雄である。

青山は、蘭子と違い
人に「嫌われたくない」男だった。

とうぜん、蘭子と青山は相性が悪く…。

日々、蘭子に振り回される青山は
蘭子を心底嫌いになっていた。

そんなとき、出会ったのが
警視庁の特別コンサルタントを務める
大文字哲人だった。

大文字は、蘭子の恩師であり
青山に「蘭子を理解するには
アドラー心理を知ることが必要」だと話す。

最初は蘭子を嫌っていた青山だが、
アドラー心理を学び
蘭子と行動する中で少しずつ変化があらわれる…。

~~
このドラマ「嫌われる勇気」の
あらすじを見ると、
・周囲を気にしない蘭子がどんな活躍をするのか
・青山の心理がどう変化していくのか

が気になりますね。

まとめ

きっと日本には、
人からの目や評価が気になる人が多いですよね。

だからこそ、
「嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え」
の本が売れたのでしょう。

ドラマにどのように反映されているのか
続きが気になりますね。

スポンサードリンク


2017年1月15日 「嫌われる勇気」のドラマキャストや気になるあらすじを紹介! はコメントを受け付けていません。 ドラマ