子供や赤ちゃんが熱中症の症状 寒気や発熱、嘔吐があった場合

子供や赤ちゃんの熱中症の症状 発熱や嘔吐があった場合

LISA78_hozonshitene-20141018102704-thumb-autox1600-17988

これからの季節、子供や赤ちゃんが熱中症になる危険性が
増えてきます

今回は子供や赤ちゃんに寒気や発熱 嘔吐など
熱中症の症状が現れた場合どうすればいいのか
見ていきたいと思います

スポンサードリンク

子供が熱中症 寒気や発熱などの症状が出たらどうしたらいいの

子供が小さいうちは自分の不調をうまく伝えることは
できませんよね。

だからこそ、親が常に子供の様子を見て、熱中症の症状に
気づいてあげなければなりません。

もし、子供が熱中症になったら、どうしたらいいの?

突然のことであたふたしないためにも、ここでしっかりと
覚えておきましょう。
子供が熱中症にかかった時に、出やすい症状として、
「発熱」と「寒気」があります。

気温が体温を上回ってしまうような猛暑の環境にいると、
体から熱を放出することが困難になってしまいます。

子供の体は、体温調節が未発達なため、大人よりも熱中症に
なりやすく、発熱も起こりやすいのです。
また寒気ですが、熱中症なのになんで寒気?と
思うかも知れません。

これも発熱と同様、体温調節の機能が働かなくなる影響で
おこる症状です。

熱中症により、脳の中で「暑い」と感じるところを「寒い」と
勘違いしてしまい、体温が上がっているのに寒気を訴える状態を
いいます。

脳の異常ですので、寒気を感じたら危険なサインと覚えておいて
ください。この場合は、すぐに病院へ行くことが先決です。
高熱でない限り、軽い症状であれば、病院へ行く前に
私達ができる対処法があります。

1.涼しい場所で休む

2.電解質が含まれたドリンクを少しずつ飲む

3.首まわりを濡らしたタオルや霧吹きなどで冷やす

寒気などがせず、症状が軽いと判断できる場合は、
上記のような対処をして様子を見てくださいね。

ただし、高熱や寒気を訴える場合、
すぐに救急車を呼ぶことが大前提です。

いざという時に役に立つので、ぜひ覚えておきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんが熱中症に サインや症状は?

ベビーカーのフードで日差しを避けてるから大丈夫♪

そう思って、ついついママ友と数分立ち話・・・なんて場面、
ママだったらよくあることですよね。

そのうちに赤ちゃんは汗びっしょり。脱水症状に陥っている
可能性もありますよ!

小さな赤ちゃんにとって、熱中症の初期症状である「喉が
渇く」ということを言葉で訴えることは難しいですよね。

そのため、パパやママがそのサインをいかに早く察知できるかが
熱中症を予防するポイントになってきます。

赤ちゃんの熱中症サインは、他にも

・頬が赤く、触ると熱っぽい
・元気がなく、ぐったりとしている
・いつもより母乳やミルクを飲みたがる
・オムツが渇いている(尿の出が少ない)

これらを防ぐための一番の予防策が「水分補給」です。

母乳やミルク、ベビー麦茶など、赤ちゃんが飲めるものを
少しずつ、こまめに飲ませてあげましょう。

普段から水筒やペットボトル、赤ちゃんが慣れている
ベビーマグを持ち歩くことを習慣づけることが大切です。

また、お出かけ先に授乳室があるか事前にチェックしたり、
授乳ケープもとっさの場合便利ですので持ち歩くなど、
定期的に水分を摂るための準備も忘れないでくださいね。

その他、

・服装や室温調節をする

・保冷剤で体を冷やす

・こまめに汗をふく

・帽子などで直射日光を浴びないようにする

以上のようなことで赤ちゃんを熱中症から守ってあげてください。

帽子を嫌がる子もよくいますが、帽子に入れるタイプの
保冷剤を使用すると、案外子供も涼しくて気に入って
被ってくれることがあるみたいです。

気になる方は探してみてくださいね。

熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点

赤ちゃんや子供が熱中症になった時、慌てないために

もしも、赤ちゃんや子供が熱中症になってしまったら?

突然のことでパニックになってしまうかもしれません。

熱中症の治療で大切なのは、いかに早く体温を下げるかに
かかってきます。

初期症状を見逃して対処が遅れたり、誤った判断で
応急処置をしてしまうと、意識障害が起こったり
重症化してしまう危険性も・・・。
正しい応急処置を早急に行うことで、十分回復が期待できます。

また、救急車を呼んだ際も、到着までの時間に、慌てず、焦らずに
すばやい対処ができ、最悪なケースを防ぐことができるかもしれません。

それでは、自分にもできる!慌てないための
ケアマニュアルをご紹介しましょう。

1 まず意識を確認

2 水が飲めるかどうかをチェック

3 応急処置の反応を見る
(衣類を緩め、足の付け根・わきの下・首の後ろなどを冷却)

簡単なことですが、落ち着いて一つずつ確認しながら行って
ください。

軽症ならば、早急なセルフケアで回復させることが可能です。

ただし、重症化してしまった場合は一刻も早く救急車を
呼んでください。

また、熱中症で子供が発熱をしている場合は、
重度の熱中症である事が考えられます。

例えば、40度近い発熱があった場合、
体の中心部分ではかなりの高熱になっているはずです。

意識があるないに限らず救急車を呼びましょう。
赤ちゃんや子供の熱中症には、予防が一番大切です。

いつもと違ってなんとなく体調が悪そうだなと思ったら、
早めに対策を打ちましょう。

スポンサードリンク

子供や高齢者が熱中症になったら 食べ物や飲み物は何がいいの?

>仕事中の熱中症の症状?頭痛や下痢が、吐き気が 効果のある薬は

熱中症の症状で頭痛や吐き気がひどい 通院するなら大きい病院?

熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点


2016年7月12日 子供や赤ちゃんが熱中症の症状 寒気や発熱、嘔吐があった場合 はコメントを受け付けていません。 熱中症