倉敷市ランニングバイクで谷野叶真 軽自動車の運転手が気の毒?

倉敷市の市道でランニングバイクに乗った4子供が
軽自動車に衝突するという事故がおきました

被害のあったのは谷野叶真ちゃん4歳で可愛そうという声が
ある一方で軽自動車に乗っていた運転手にも同情の声が
あがっているようです

スポンサードリンク

倉敷市ランニングバイクでの事故の概要

瀬戸内海放送では今回の事故をこう報じています

13日夜、倉敷市の市道でランニングバイクに乗っていた4歳の
男の子が軽自動車と衝突し死亡しました。

13日午後7時すぎ、倉敷市玉島八島の市道交差点で、
足で地面を蹴って進むランニングバイクに
乗っていた4歳の男の子が交差点を左折してきた
軽自動車とぶつかりました。

ランニングバイクに乗っていた近くの保育園児
谷野叶真ちゃん(4)は事故当時、意識があり
泣いていましたが、病院に運ばれたあと容態が
急変し約2時間後に死亡しました。

スポンサードリンク

ランニングバイクとは?

ranningbaik

ランニングバイクとは自転車のようにまたがって乗り
足で地面を蹴って進む、ペダルのない幼児用の二輪遊具のことです

自転車に乗れない小さい子供さんでもランニングバイクを
乗っているのをよく見ます

でも実は、ランニングバイクはライトやブレーキ
後方のリフターもないので行動で走っていい乗り物では
無いのです

普通に車を運転し夜、見通しの悪い道で、ライトも付けていない
ランニングバイクを見つけても気づくのは難しいとの事

まさに今回の事故の場合小さな子供が乗るランニングバイクを
ひいてしまった軽自動車を運転する加害者が少しかわいそうな
気もしますね

事故現場と祖父の責任は?

事故現場は倉敷市玉島八島の市道交差点という事ですが
場所柄、かなり田舎道のような感じなので見通しの悪い道も
多そうですね

ranigu

事故現場を見てみると街灯もあまりないようですし
かなり暗い道のようです

事故にあった谷野叶真ちゃんと一緒に犬の散歩をしていた
祖父ですが毎日の日課だったのでしょうか?

ブレーキもライトもない乗り物を夜の公道で
注意を払わなかったのは悔いが残ります

ネットの反応

・あれはブレーキも無いし、4歳ともなればかなりのスピードを出せるからとても危ない。
スピードが出すぎると自分で即座に止めるのも難しいし。
使用は公園の中などにとどめておかないといけないですよね

・辛すぎる事故だ…。田舎はおおらかな地域が多いから家の周りだからと油断してたのかもしれないですね。
本当に子どもは想定外の動きをしたりするってことを大人も注意しないとな。
祖父一人に預けるのは正直不安かもしれない…。

・乗り物、年齢、時間帯。
すべてアウトやね。
車の過失、減らしてあげて。
ゼロでもいいくらいや。

スポンサードリンク