熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点

熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点

ANJ77_nemunemuanjyu20141115135639_TP_V

夏本番!夏休みはプールに海にキャンプに・・・
楽しい予定をたくさん計画中の方も多いかと思います。

そこで気をつけなければならないのが「熱中症」。

暑さや水分補給をするのも忘れて遊びに夢中になっていると、
熱中症を発症していることも!!

熱中症は命に関わる危険な病気です。

命を守るためには、熱中症を発症していることに
早く気づくことが大切なんです。

今回は、熱中症とはどんな症状なのか?
また、赤ちゃんや子供が熱中症にならないためにも、
その対策法などをご紹介していきます。

スポンサードリンク

熱中症とは?症状と対策 注意点は?

夏になると、熱中症の注意を喚起する声が高まりますよね。

そもそも熱中症とは、気温が高い状態が続くと、汗をかくことで
体の水分や塩分が失われます。

また、湿度が高いと、汗が蒸発せずに熱がこもったままの状態に
なってしまうんです

この“体温調節の機能が働かなくなってしまう状態”を熱中症といいます。

熱中症の症状としては、

・口が強く渇く
 ・めまい、顔のほてり、立ちくらみ
 ・生あくびが頻発する
 ・手足のけいれん・筋肉痛
 ・身体のだるさ、吐き気、嘔吐、頭痛
 ・まっすぐに歩けない
 ・汗のかき方がおかしい(異常に汗をかく、全く汗をかいていない)
 ・意識がない、呼びかけに応答しない

などのような症状がでたら、熱中症にかかっている危険性が
あります。

日頃からこのようなサインが出ないよう、予防や対策が
必要です。

子供や赤ちゃんが熱中症の症状 寒気や発熱、嘔吐があった場合

それでは、どのような対策を行えば、熱中症を予防できるでしょうか?

 熱中症対策

①暑さに負けない体作り

・水分補給はこまめに
・適度な塩分の摂取
・快適な睡眠環境づくり
・バランスの取れた食事をしっかりと

②生活の中での暑さに対する工夫

・「気温と湿度」をいつもチェック
・室内は涼しく
・吸水性や速乾性に優れた衣服を選ぶ
・日差しをよけるように
(日傘や帽子の活用、日陰で活動する)
・冷却グッズの活用
(冷却シートや、冷却スカーフ、氷枕など)

③暑さから身を守るアクションを

・飲み物を持ち歩く
・休憩をこまめに取る
・熱中症指数を気にする
(テレビやWebなどで公開している熱中症指数で
熱中症の危険度をチェック)

特に注意が必要なのが、高齢者と小さなお子さんです。

スポンサードリンク

赤ちゃんや子供、高齢者が熱中症にならないための注意点

エアコンをかけずに室内で過ごした高齢者が、熱中症に
なってしまったニュースを、耳にしたこともあるかと思います。

高齢者は、暑さや体の水分不足を自覚しにくいため、
我慢大会のように扇風機やクーラーを使わずに
過ごしてしまいがちなんです。

また、小さなお子さんは体温調節機能が未発達なので、
熱中症にかかる危険性は大人よりも高くなります。

身長も低く、地面からの照り返しを受けながら長時間
遊んだりすると、大人が思う以上に暑い環境にいることになり、
いっそうの注意が必要です。

高齢者や小さなお子さんも、熱中症から守るために、
周囲の協力が必要です。

水分補給や服装選びはもちろん、外にいる時間を減らし、
室内の温度チェックは欠かさず行うようにしましょう。

まとめ

今回は 抵抗力の少ない子供や赤ちゃんが
熱中症にならないにはどうすればいいかまとめてきました

熱中症の症状と聞いて、思い浮かぶのが高熱や嘔吐、下痢などですが
その他にも、目眩や酷い場合そのまま意識を失う可能性も
あるようです

また子供や赤ちゃんだけじゃなく高齢者なども
熱中症の犠牲になる方がいるようです

スポンサードリンク

関連記事

>仕事中の熱中症の症状?頭痛や下痢が、吐き気が 効果のある薬は

熱中症の症状で頭痛や吐き気がひどい 通院するなら大きい病院?

子供や高齢者が熱中症になったら 食べ物や飲み物は何がいいの?

子供や赤ちゃんが熱中症の症状 寒気や発熱、嘔吐があった場合


2016年7月12日 熱中症の症状とは?赤ちゃんや子供が熱中症にならないための注意点 はコメントを受け付けていません。 熱中症