【お年玉相場年齢別 2018】甥や姪にはいくら上げればいいのか徹底調査

子供の頃はお年玉をもらうのが楽しみでよく親戚の家に行って
叔父や叔母から今年はいくらもらったよとお年玉を自慢したものですが
2018年気づけばとっくの昔に甥っ子や姪っ子ができ毎年毎年お年玉あげる
立場になってしまいました

毎年考えてしまうんですよね~。お年玉の相場って・・・

しかも親戚の集まりとかだと甥っ子や姪っ子の年齢も
バラバラだし・・・

そこで2018年のお年玉相場は年齢別にいくらなのか調べ
まとめてみました

ぜひ参考にしてみてください

スポンサードリンク

0歳から小学校入学前の甥っ子や姪っ子

まだ生まれて間もない0歳から小学校入学前の甥っ子や姪っ子はやはりお年玉と
言うよりもおもちゃ屋お菓子・図書カードあげる人が多いようです

お年玉をあげている人がいましたがやはり年齢が低いと言うこともあって
1,000円から2,000円が相場となっています

0歳から小学校に上がっていない姪っ子や甥っ子を持ちの人はお札で1,000円2,000円と渡すよりも
100円玉10枚500円玉4枚みたいな感じで渡した方が音が鳴って喜ぶと言う声も上がっているようです

ただ最近の子供は幼稚園保育園に上がるとかなりお金にがめついなんて言う声もあるので
1,000円から2,000円ほど渡したところで「あのおじちゃんあのおばちゃんちょっとケチだね」
なんて陰口を叩かれる場合もあるかもしれません

そこはきっちり大人なので甥っ子や姪っ子に小学校に上がったら
またぐんと上がるんだよと教えてあげて納得してもらうようにしましょう

スポンサードリンク

小学校低学年・高学年の甥っ子や姪っ子のお年玉の相場はいくら

やはり2018年も例年と同じように小学校低学年1年生から3年生位は2,000円から3,000円が相場のようです

中には10,000円といった声もありましたがさすがにそれはあげすぎだと
私も思います

そして高学年の甥っ子や姪っ子には3,000から5,000円ちょっと低学年と
被るかもしれませんが3,000円は小学校4年生4,000は小学校5年生午前は小学校6年生と
段階を上げていけば問題ないかと思います

しかしこちらも甥っ子や姪っ子に少しでも気に入られようと中には10,000円と
上げているよと言う声ありますがこの計算式に当てはめていくと甥っ子や姪っ子が
中学生高校生になった時一体あげるいくらあげればいいのか?

よほどリッチな方なら問題ありませんが
かなり苦しくなってくるのでやはり3,000から5,000円が妥当ですね

お年玉の相場年齢別2018年 中学生高校生にはいくらあげればいい

甥っ子や姪っ子が中学高校にもなると
お年玉の相場もぐんと上がるようです

とはいってもお年玉をあげる親戚の集まりなどで各自話し合いをし今年は
みんな5,000円ずつにしようもしくは6,000円ずつにしようみたいな
話し合いをすれば姪っ子や甥っ子からかけて陰口を一人だけ叩かれなくて済むでしょう

そんな中学生・高校生の姪っ子や甥っ子を持つ人はいくらあげてるのか?
明日ところやはり1番多いのが5,000円多くても10,000円が妥当でしょう

それ以上になると今年はいくらいくらもらえたから来年はもっともらえるんじゃないかと
変な期待をさせてしまい2018年にもらったお年玉の料金と同じだったら逆にがっかりされるのも
なんかシャクですからね

でも中学3年生や高校3年生の甥っ子や姪っ子には高校や大学の入学祝
もしくは就職祝いもプラスで上げるのでその時は奮発しましょう

まとめ

お年玉の相場についてですが、基本的に毎年微妙に上がっているのかな?
と言うのが2017年甥っ子や姪っ子たちに上げた時の感想です

お年玉をもらえなくなってもう何年も経ちますが、あの
甥っ子や姪っ子たちと目が合った瞬間「お年玉」と書いてあると
思ってしまうのは私だけでしょうか?

とはいえ自分も昔相当もらってきたし2018年ケチらずに
渡していきたいと思います

スポンサードリンク