朴槿恵の機密情報が漏えいした経緯の裏に恐ろしい内容が なぜ宗教に・・・

朴槿恵の機密情報が漏えいした経緯の裏に恐ろしい内容が なぜ宗教に・・・

mcb1212192142032-p1

韓国の大統領である朴槿恵が国家にかかわる機密情報を
民間人女性に漏らしていたことがわかっています

民間人の女性の名前は崔順実(チェ・スンシル)

朴槿恵の40年来の親友という事らしいのですが
機密情報が漏えいされたことが発覚さるまでの経緯の
裏にはとても恐ろしい事実があったようなんです。

スポンサードリンク

朴槿恵の罪の重さ 機密情報が漏えいした経緯の裏には洗脳が

韓国の大統領とはいえ、一民間人に重要な機密情報を
漏らしてした罪は多大なもので、国民は今にも
襲い掛からん勢いで怒っているようです

韓国国民からすれば、朴槿恵に期待し大統領として
選んだはいいけど、思いのほか期待外れの働きで
イラついていたところに、まさかの民間人への
機密情報の漏えい

チェスンシル(崔順実)の娘の画像とSNSが炎上 大学裏口入学の手口が酷い

国民の信頼はほぼ無くなり朴槿恵に対する支持率も
10%を切っているとの報道が出るほど

しかし民間人に国家としてとても重大な機密情報が
漏えいされ経緯はいったいなんだったのでしょうか?

それは朴槿恵がまだ20代の頃、当時韓国の大統領だった
父親を狙った銃弾が母親に当たり、深い悲しみに落ちたことから
始まります

母親なきあと朴槿恵はファーストレディとして生きていかなければ
いけなかったのですがその時彼女は失意のどん底

父親が大統領という特別な家庭で育てられた朴槿恵は
家柄もあり勉強漬けの毎日だったのか
友達もおらず、いわゆる青春時代を送って
こなかったんだそうです

それを見逃さなかったのが機密情報を朴槿恵から聞いていた
崔順実(チェ・スンシル)の父親

朴槿恵をいい鴨と思ったのかどうかはわかりませんが
この父親は牧師という立場をオカルト的に洗脳に
追い込んでいったんだそうでその頃、崔順実と知り合い
やがて親友になっていきます

スポンサードリンク

朴槿恵も被害者 宗教の恐ろしいマインドコントロールの実態とは

崔順実は牧師の父の死後、朴槿恵のアドバイザー的な役割を
果していきます

朴槿恵からすれば、人生で唯一の親友と崔順実の事を
思っていたようです

しかし崔順実は朴槿恵が自分の事を100%信頼していることを
いいことに、父親が開いた宗教団体を後ろ盾に
次々からへと機密情報にオカルトチックなマインドコントロールを
しだすのです

朴槿恵も心から信頼してる崔順実の言う事なら
間違いないと外交問題や韓国の大事な決定事項も
宗教マインドコントロール言いなりなっていたのでは?
と言われています

マインドコントロールされいると気づかない
朴槿恵は大統領という名前をだけを
持っているだけで裏では崔順実の指示で
国民や世界情勢が動いていたという事に

日本でも韓国との間におきた慰安婦問題

あれも崔順実が朴槿恵にアドバイスをし
日本から多額の賠償金をもらうようマインドコントロール
したのではと噂されるほど

宗教団体のマインドコントロールは日本でも
オウム真理教はじめ多くの被害者がいます

そういう意味では朴槿恵大統領も宗教団体の
マインドコントロールによる被害者なのでは?

しかしいくらマインドコントロールされていたとはいえ
国民の怒りは治まりつかないでしょう

朴槿恵の今後と末路はどうなってしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事

チェスンシル(崔順実)の娘の画像とSNSが炎上 大学裏口入学の手口が酷い

チョンユラ 乗馬に1億以上で梨花大学に裏口入学の手口とSNSの内容

韓国の大統領、朴槿恵が機密情報を漏えいさせていた事件


2016年11月3日 朴槿恵の機密情報が漏えいした経緯の裏に恐ろしい内容が なぜ宗教に・・・ はコメントを受け付けていません。 政治