ソジソプのドラマおすすめと最新は?彼女と兵役情報も!!

1

独特の雰囲気で大人の色気を漂わせ、見事な腹筋と全てを守ってくれそうな
肩幅を持っているのに綺麗な手で女性を魅了するソジソプさんについて出演ドラマや
熱愛報道など気になることを調べてみました。

スポンサードリンク

ソジソプのプロフィール

ソ・ジソプ2

生年月日:1977年11月4日

身長:183cm

体重:73kg

血液型:O型

小さい時から水泳をやり始め国家代表選手にも選ばれるほどの実力を持っています。
水泳をやっているせいか素敵な肩幅と見事な腹筋の持ち主です。
ジソプの逆三角形のスタイルに魅了される方が多いのではないでしょうか。私もそのうちの一人です。

芸能界デビューはアパレルメーカーのモデルに選ばれたことがきっかけになっています。
それから俳優デビュー、数々のドラマに出演し演技力の高さが認められ色々な賞を受賞しています。

スポンサードリンク

ソジソプの出演ドラマ おすすめも!!

1996年  『男女6人恋物語』
        
       『モデル』

1997年  『あなたを忘れられない~せつないラブストーリー~』

1998年  『憎くても可愛くても』

1999年
~2000年 『ワンルンの大地』

2000年  『愛してると言ってみたら?』

       『ラブストーリー「ミス・ヒップホップとミスター・ロック」』

       『女性万歳』

       『あなたのために』

       『好き好き』

2001年  『遠い路』

       『おいしいプロポーズ』
    
       『ロー・ファーム~法律事務所~』

2002年  『ガラスの靴』

       『ただいま恋愛中』

2003年  『千年の愛』

2004年  『バリでの出来事』

       『ごめん愛してる』

2009年  『カインとアベル』

       『I am GHOST』

2010年  『ロードナンバーワン』

2012年  『ファントム』

2013年  『主君の太陽』

2014年  『ワン・サニーデイ~One Sunny Day~』

2015年  『オー・マイ・ビーナス』

おススメ度★★★
 『バリでの出来事』

barideno

私がジソプを好きになったきっかけがこのドラマでした。

家族がなく、貧しくも懸命にひた向きに生きるハジウォン演じるスジョンをチョインソン演じる御曹司のジェミンとジソプ演じるイヌクが取り合うバチバチなバトルがみどころです。

韓国では最高視聴率40%を超えてしまうほどヒットしたドラマでした。

そりゃあスジョンもジェミンとイヌクのあいだを揺れ動きますよね。。
最後まで結末が予想できずハラハラと目が離せないドラマです。

是非、注目していただきたいところは、、、ジソプの英語です!
ジソプの英語力にびっくりです。
ジソプが英語で話すシーンが多数でてきますので、欠かさずチェックしてみてください。

おススメ度★★★
  『ごめん愛してる』

gomenaishiteru

『ごめん愛してる』は最高視聴率29.2%を記録し、KBS男性優秀演技賞、人気賞、ネチズン賞、ベストカップル賞などを総なめにしたヒット作です。

ジソプ演じるムヒョクは親が誰かも分からず育ちます。
そんな辛く険しい人生だったのに医者から余命宣告を受けてしまうところからドラマが始まります。
余命わずかなムヒョクは自分の母親を探すのですが、その母親は息子がいて幸せに暮らしていることを知りムヒョクの怒りが燃え上がります。
母親の愛情を一心に受ける息子ユンから全てを奪ってしまおうと心に決めてしまいます。
そんな時に出会った石ころのような可愛らしい子ウンチェ。
ムヒョクはウンチェに心を開くようになていきます。
しかし、ウンチェが心を寄せているのはユンです、、、。

そして、『ごめん愛してる』といえば有名なシーンがありますよね。

ウンチェの心が傷ついてご飯を食べなくなってしまいます。
そんなウンチェを心配したムヒョクは車に強引に乗せ、走る車内で「パプモグレ、ナラン、ポッポレ?~パプモグレ、ナラン、、、チュグレ!!」と迫るシーンです。
「ご飯食べるか俺とキスするか?ご飯食べるか俺と寝るか?ご飯食べるか俺と、、、死ぬか!!」とムヒョクの心からの叫びを表した涙の場面になっています。

最初から最後まで涙、涙のドラマです。
愛を知らないムヒョクの心の氷が溶けて人を愛する姿が微笑ましく、時に悲しく、、というところがおススメポイントです。

おススメ度★★
  『主君の太陽』

syukunnotaiyo

ジソプの出るドラマは必ずと言っていいほど最後にジソプが死んでしまうという結末が多いのです。
『主君の太陽』は見始めるときにホラーラブコメディーということで、ラブコメなら死ぬことはないよねとルンルン気分で1話を再生。
はっきり言って怖すぎです。
主人公のゴンシルは霊が見えてしまう体質という設定です。
出てくるオバケがリアルに怖すぎて何度も目を閉じながら見ました。
しかし、霊よりも恐れられる冷徹なジソプ演じるジュンウォンに触れると不思議なことに霊が消えてしまうのです。
ジソプに珍しいコミカルな演技に注目です。
ふざけているわけではなく真面目にしているのに、どこかクスクスっとしてしまうドラマでした。
怖い中にも笑いがあるだけでなく、霊にはそれぞれの事情があって各話で感動がありました。

おススメ度★★★★
  『オー・マイ・ビーナス』

ohmaybenus

熱愛報道まで出たシンミナと共演の『オー・マイ・ビーナス』です。
見てるこちらが幸せを感じるドラマです!!
シンミナ演じるジュウンは元々、痩せて綺麗だったのに仕事の忙しさやストレスで太ってしまい彼氏にもフラれ最悪の事態から始まります。
そんな時に出会った世界的に有名なパーソナルトレーナーのジソプ演じるヨンホと一緒にダイエットを開始します。
最初はジュウンをバカにしていたヨンホもガッツあふれる姿に魅かれていきます。
ジュウンも嫌味たっぷりだったヨンホが常に自分を支え助けてくれて無くてはならない存在になっていきます。
しかし、ヨンホは健康なようで健康ではないのです。
ヨンホはこう言います。「健康な女性が一番セクシーだ。」と、、
極端に食事を制限して美しさを手に入れるより、心も身体も健康な人が一番美しく幸せだと教えてくれたドラマでした。
そして、このドラマのチェックポイントはジソプのジョークを言ったりふざけたりするシーンですね!!
キャストのチームワークの良さが伝わってきます。

ジソプの兵役は終わってる?

jisopuhei

皆様!ご安心ください。
ジソプは兵役を終えています。
2005年2月から2007年4月まで共益勤務要員として業務を行いました。
そのため、『ごめん愛してる』から『カインとアベル』までは露出がありませんね。
ちなみに、共益勤務要員とは自宅から役所に通って内勤をすることです。
ジソプは肩の脱臼の手術が原因で内勤になったようです。

ジソプの彼女、結婚は

ジソプのファンであれば一番気になることですね。
ジソプは無口で人見知りで寡黙なタイプです。
結婚願望もきちんとあり、1年間は交際してから結婚を考えようと思っているようです。

最初にスキャンダルになったのはキム・ヒョンジュです。
2009年から1年間交際し結婚秒読みだったそうです。
『ガラスの靴』での共演がきっかけで交際し、ジソプは35歳で結婚を考えていたので本気で結婚を考えていたようです。
しかし、交際報道がでてしまい彼女の方から連絡が途絶え疎遠になり破局しました。

次はハン・ジミンです。
2009年の『カインとアベル』の共演がきっかけと報道されましたが、これはお互いが完全否定しました。
私も『カインとアベル』を見ましたが二人はお似合いで、交際報道が本当ならいいなと思っていました。

次はCMで熱烈なキスをして熱愛報道が勃発したシン・ミナです。
しかし、こちらもお互い否定しました。
噂がたったのは2013年です。
その後の2015年の『オー・マイ・ビーナス』が話題でしたが、シン・ミナに恋人がいたため噂は消えてしまいました。

そして同じく2013年に熱愛説が出たのはAFTERSCHOOLのジュヨンです。
MBLAQのジオの紹介とされています。
デートの目撃情報やジュヨンがSNSにジソプ愛用の香水をアップしたことで熱愛が浮上しました。
しかし、お互いの事務所が否定しました。

ジソプは結婚する年齢を35歳から39歳に引き上げたようです。
どんな女性と結婚し人生を共にするのか気になりますね!!

まとめ

私が韓国ドラマを好きになったきっかけは『バリでの出来事』でした。
『バリでの出来事』のジソプに魅了され、その時からジソプが大好きです。
ジソプは、かなりストイックで役作りや体作りをしっかりする真面目な人です。

共演者とも色々と案を出し合い良い作品を作っているようです。
その努力もあり、ジソプが出る作品は視聴率が高かったり賞を受賞したりするのだと思います。
ジソプの魅力は無限大です。
演技だけでなく音楽活動もしています。
『ごめん愛してる』の主題歌に中島美嘉さんの雪の華が使われています。
ジソプが雪の華を歌うことがありますが、惚れます!!

寡黙な役が多かったジソプが最近はコミカルな役にも挑戦していて今後の活躍に益々期待しています。
長年の活躍で日本にもファンが多く公式のファンクラブがあります。
まだジソプに興味が無かった人は是非ドラマを見てください。
すぐにジソプの魅力をわかってもらえると思います。

韓国を代表する俳優ソジソプさんについてでした。

スポンサードリンク