ドラマ「東京タラレバ娘」の漫画とドラマのあらすじの違いとネタバレは?

無題

ttp://www.ntv.co.jp/tarareba/

ドラマ「東京タラレバ娘」の漫画とドラマのあらすじの違いとネタバレは?

【放送情報】
毎週水曜日 夜10時~
日本テレビ系列で放送

大人気マンガ「東京タラレバ娘」が
2017年1月18日(水)から放送開始になりました!

キャストが合っていないとの
批判も多いドラマですけど、
楽しみにしている人も多いのではないでしょうか^^

今回は、そんなドラマ「東京タラレバ娘」の
あらすじを紹介していこうと思います。

あらすじが分かれば、
ドラマも見やすくなりますよ。

また、ドラマは原作マンガに沿った
ストーリーになると思うので
マンガ5巻までのネタバレを
紹介していきますね。

でもまずは、ドラマの「あらすじ」から
見ていきましょう。

「東京タラレバ娘」のキャストがひどい?合わないと批判される原因2つとは?

スポンサードリンク

ドラマ「東京タラレバ娘」のあらすじは?

主人公である鎌田倫子は、
30歳、独身、彼氏なしの売れない脚本家。

ことあるごとに親友の香(ネイリスト)と
小雪(居酒屋「呑んべえ」の娘)の3人で
女子会という名の飲み会をしていた…。

そんなとき倫子の口から出るのは
「あ~だったら」とか「こ~してれば」という
タラレバばかり。

ある日、倫子たちが
いつものように女子会をしながら
「タラレバ」な話をしていると
突然、金髪でイケメンな男に
「タラレバ女!」と言い放たれる…。

そこで倫子たちは
「綺麗になったら、彼氏ができる」
「好きになれれば、結婚できる」
わけではないと気付く。

頑張っているのに上手くいかない。
30代の女3人が自分の幸せは何か
迷いながら進んでいく…。

~~
「東京タラレバ娘」には原作があるので、
きっとドラマも原作に沿って話が進むと思われます。

ちなみに、原作の「東京タラレバ娘」は
まだ連載中で完結していません^^

ドラマでどこまで放送されるのか
分からないので、原作のネタバレを見ていきましょう。

スポンサードリンク

マンガ「東京タラレバ娘」のネタバレ

現在、東京タラレバ娘のマンガは
7巻まで出ています。

…が、今回はキリの良い
5巻までのネタバレを紹介しますね。

5巻まででも結構なボリュームですし、
読むのが大変かもしれません^^;

ではさっそく、ネタバレです。

~1巻のネタバレ~

9784063409352_w[1]

http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063409352

・倫子(ネットドラマの脚本家)
香(ネイリスト)
小雪(居酒屋「呑んべえ」の娘)
この3人は、高校のときから一緒。

・33歳になった今でも、
独身の3人は小雪の店で飲み会ばかりしていた。

・ある日、倫子は10年前に振った
ディレクターの早坂から話があると誘われる。

・「告白かも!」と期待していた倫子だったが、
話の内容は倫子のアシスタントであるマミと
結婚を前提に付き合いたいというものだった。

・「呑んべえ」で香と小雪と騒ぎながらやけ酒をしていると
突然、近くで飲んでいた客に
「女子会じゃなくて行き遅れ女の井戸端会議、
このタラレバ女!!」とどなられてしまう。

・数日後、倫子はマミから
早坂と付き合うことになったと聞いて、
ショックを隠せない。

・憂鬱な気分で、コンビニに夕食を買いにきた倫子は
「大人の恋特集」という雑誌を手に取る。

するとそこには、倫子に暴言を放った男の姿が。
彼は、KEYという名のモデルだった。

・その後、倫子が脚本を担当する
ネットドラマのキャスティングで
KEYが候補に上がっていることを知る。

・倫子はKEYを外すつもりでいたのだが
逆に「脚本がダサいからでない」と言われてしまう。

・結局、倫子はドラマをおろされ、
22歳の脚本家が担当になった。

しかし、その脚本家は
枕営業をしたとのウワサがあった。

・事実を確かめるために倫子は、
プロデューサーと脚本家を尾行を開始。

・2人が行き着いた場所は、箱根温泉だった。
事実を知ってしまった倫子は、
旅館で一人酒をすることに。

・その様子をLINEで「呑んべえ」にいる
香と小雪に送ったのだが、
それを見たKEYが箱根に倫子を迎えにいく。

・旅館についたKEYが見たのは、酔って
「脚本家をやめる」と自棄になる倫子だった。

・KEYはそんな倫子に対し、
「俺に枕営業してみろ」と言い放つ。

その挑発に乗った倫子は
KEYと関係を持ってしまう…。

~2巻のネタバレ~

9784063409567_w[1]

http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063409567

・次の日、倫子が目を覚ますと
部屋に1人だった。

その日の夜、倫子は香と小雪につい
KEYとのことを話してしまう。

・倫子が他の人に話したことを知ったKEYは
朝1人にしたことを謝りつつも、
人に話すのは最低だと非難した。

・ある日、マミ(倫子のアシスタント)に
BUMKEY’Sのライブに誘われた。

BUMKEY’Sは、倫子がおろされた
ドラマの主題歌を歌っている
バンドだった。

・そのライブを見て、香は驚く。
BUMKEY’Sのギタリストが、
昔同棲していた涼だったのだ。

・ライブのあと、BUMKEY’Sのもとを訪ねる
倫子、香、小雪、マミ。

そこで涼は、香を抱きしめ
「愛してる」と伝えてきたのだが、
彼女があらわれると香を離してしまう。

・涼に彼女がいるにもかかわらず、
香は浮気相手として付き合うことに。

・開店前から飲む倫子と香を置いて
小雪は店の買い物で出かけたのだが、
途中、KEYが墓参りしているのを見つける。

・小雪が店に戻ると、倫子と香が店に出た
ゴキブリを殺してもらうのにサラリーマンの
丸井を引っ張ってきたところだった。

・丸井がタイプの小雪は、彼にピールを勧める。
そんな場面で、店にKEYと涼が来るのだが
小雪がKEYに墓参りについて聞くと
なぜか帰ってしまった。

・翌日、小雪は丸井と飲みに行き
そこで彼が結婚していることを知る。

・3人でカフェに集まったとき
小雪は妻がいる丸井と
香は彼女持ちの涼と関係を持ったことを
それぞれ打ち明ける。

・そのとき倫子は、香から
「KEYは亡くなった年上の
彼女の墓参りをしている」と聞かされ…。

~3巻のネタバレ~

9784063409642_w[1]

http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063409642

・ある日、下ろされたドラマの脚本家が入院したことで
倫子がドラマの続きを書くことになる。

・しかし、ドラマは倫子の得意ジャンルではなかった。
世界観を知るためにもDVDを借りに行くのだが、
そこで奥田という男に出会う。

・倫子も見たかったドラマのDVDを
一緒に見ようと誘われ、奥田のバーへ。

・倫子が奥田と楽しくお酒を飲んでいるとき
脚本を確認しに、事務所には
早坂とKEYが打ち合わせに来ていた。

・KEYは倫子のアシスタントであるマミが
書いた練習脚本を見つけ、早坂とともに採用を決定。

そしてお酒を飲んで帰ってきた倫子に
KEYは「あんたが書いたやつより面白い」と
言い放つ。

・一方で香は、涼と関係を続けていたが
モデルの彼女が帰国すれば追い出され
出国すれば呼び戻されていた。

香は「自分はセフレだから」と
自分に言い聞かせていた。

・丸井が体調を崩して入院したことで
小雪はお見舞いに行きたいからと
倫子と香を誘う。

・そこで倫子たちは、丸井の姉と会い
そのやりとりから、丸井と奥さんの
仲が悪いのはウソでは?と
感じるようになる。

・小雪がFacebookで丸井の妻の名前を検索すると
そこには「2人目出産のために帰省中」と
家族写真付きで載せられていた。

・退院した丸井に、小雪はFacebookを見たことを言い
この関係を終わらせようとする。
しかし丸井は、妻とは上手くいっていない
小雪が好きだと言い、結局関係はそのままに。

・倫子は、アシスタントの
マミの脚本が採用されたことで
仕事がなくなっていた。

そこで、先日会った奥田のバーへ行くことに。

・冗談を言ったり、真っ直ぐ告白してくる奥田に
倫子は付き合うことを決める…。

~4巻のネタバレ~

9784063409741_w[1]

http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063409741

・倫子は奥田と付き合い始めたものの、
彼とは話が合わなかった。

価値観を変える努力をした倫子だったが
結局別れることに。

・奥田と別れたことを知ったKEYは
無気力になってしまった倫子に
観光協会のネットドラマの仕事の話を持ってくる。

・最初はめんどくさく思っていた倫子も
田舎のおじいさんの熱意を感じ、
真剣に仕事をするように。

・エキストラとして香、小雪、KEYも参加したドラマ。
撮影が終わったあと、香と小雪に
KEYを食事に誘えとけしかけられる。

・KEYに電話をかけたものの、
食事に誘えない倫子に変わって
香が代弁して誘うことに。

・しかし、待ち合わせ場所に来たKEYに
「自分で誘え」
「あんたとは恋愛できない」
と言われてしまい…。

~5巻のネタバレ~

9784063409888_w[1]

http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063409888

・ひょんなことから倫子、香、小雪は
イライラ状態に。

喧嘩腰になり、つい倫子は
KEYに言われたことを話してしまい
結局、喧嘩してしまう3人。

・商店街のくじ引きで旅行が当たった小雪は
丸井と行こうとする。

しかし、妻が入院したことでドタキャン。
結局いつもの3人で旅行にいくことになり
仲直りする。

・旅行から帰ると3人のもとには
同級生からの結婚式の招待状が。

結局は、電話で「また改めて3人でお祝いする」と返事。

・そんな結婚の話をしているとKEYが現れ、
結婚経験があることを明かすのだった。

相手はKEYの事務所の社長の妹。
そしてその人は33歳で亡くなっていた。

・丸井が小雪に旅行に行けなかったことを
誤りに来たが、小雪はこの関係を
終わらせることを決意していた。

しかし、別れ話を切り出して
修羅場になっているところを
小雪の店「呑んべえ」のお客さんに
目撃されてしまう。

・お客さん伝いに父親に
不倫を知られてしまう小雪だが、
「もう終わったから」と父親に告げた。

・香も、涼との関係について
考え始めるように。

しかし、生理が来ていないことに気付き…。

~~

結局、妊娠はしてなかったんですけどね。

ここまでが原作5巻までのネタバレです^^
ドラマがどこまで放送するのか
楽しみですね。

まとめ

東京タラレバ娘の原作は
まだ終わっていません。

だからどこまでドラマでやるのか
気になります…。

キャストが合っていなくても
ストーリーは面白いと思うので、
ぜひドラマも見てみましょう!

スポンサードリンク

ドラマ「東京タラレバ娘」の漫画とドラマのあらすじの違いとネタバレは?


2017年1月18日 ドラマ「東京タラレバ娘」の漫画とドラマのあらすじの違いとネタバレは? はコメントを受け付けていません。 ドラマ