上田育弘 経歴と出身大学がヤバすぎる 弁理士の仕事とは?

上田育弘 経歴と出身大学がヤバすぎる 弁理士の仕事とは?

ueda

ピコ太郎さんのPPAPの特許出願をし今
ワイドショーなどで見かける上田育弘

上田育弘が経営するベストライセンスという会社も
かなりヤバイとの噂で、過去には「あまちゃん」や「じぇじぇ」
なども勝手に商標登録するという何ともがめついやり方を
していたことがわかっています。

今回は上田育弘という男の経歴、出身大学や弁理士という職業に
ついて調べていきたいと思います

スポンサードリンク

上田育弘の経歴と弁理士の仕事とは?

上田育弘ですが、調べれば調べるほど
かなり謎の多い男のようです

まずは経歴とプロフィールから見ていきましょう。

名前 上田育弘
生年月日 1963年
出身地 大阪府
職業 株式会社ベストライセンス代表
年齢 53歳

現在53歳の上田育弘ですがベストライセンスという
会社の社長をしているようですが、社員はおらず
自宅で一人でやっているとのこと。

年齢的に結婚していてもおかしくない歳ですが
家族の情報などは明らかになっていません。

上田育弘は今から3年前まで弁理士という
仕事をしていたようですが弁理士とは一体?

スポンサードリンク

弁理士の仕事とは?

一見、弁護士?と勘違いしてしまいそうな
なまえですが、一体どんな仕事なんでしょうか?

弁理士は、産業財産権に関わるすべての事務手続を
代理することができる国家資格保有者です

発明したものや考えた商標が、
すでに登録されていないかを調査したり、
特許庁への出願手続を代理することなどが
中心的な業務です。

また、企業に対し、特許戦略や
研究開発に関するコンサルティングなども行います

つまり上田育弘は特許申請に関しては
専門的な知識があり、法律の抜け穴も
知っているスペシャリスト

上田育弘はワイドショーなどではこんな発言も

相手よりも先に商標登録の出願を行うことが重要
出願日で私が勝っていますから、私を無視してもし
しようすれば損害賠償の対象となる

弁理士はかなりなるのが難しい職業で
年収もそれなりにいいそうで大体、年収700万~1200万ぐらいと
言われています

しかし上田育弘は3年前、弁理士費用である
月:15000円が払えず資格を剥奪されているとのこと

年齢的に見てもかなり1000万円以上の高給取りだった思われる
上田育弘はなぜ弁理士費用を払えなかったのか?

現在はベストライセンスという代表を務めるとともに
弁理士を目指す人にむけての講師などもしているようです。

上田育弘の出身大学がスゴイ

上田育弘の出身大学については今のところ
明らかになっていませんが、取得がかなり難しい
弁理士の資格を持っていたことを考えると
かなり有名な大学の可能性がかなり高いです

弁理士の多くは有名国立大学などを
卒業しているケースが多いですが
上田育弘が大阪出身ということもあり
大阪大学の可能性も

または京都大学など・・・

ネットではその他、東京大学や早稲田大学という
噂もあります

今後、この特許出願問題でマスコミの取材等で
明らかになってくることでしょう

スポンサードリンク

関連記事

上田育弘(弁理士)ベストライセンスで逮捕!PPAP商標登録の悪徳商売の実態


2017年1月27日 上田育弘 経歴と出身大学がヤバすぎる 弁理士の仕事とは? はコメントを受け付けていません。 芸能