香嵐渓もみじ祭り2018 ライトアップや 写真撮影スポット・屋台情報も

秋になると楽しみになってくるのが紅葉ですが愛知県の豊田市足助町に
ある香嵐渓はまさに絶景の景色が見られる紅葉スポット!!

愛知県はもとより全国から訪れるほどとてもきれいに
紅葉が見れることで多くの人が集まります

もみじ祭も開かれ香嵐渓はにぜひ行ってみたい!!

でもどうせなら香嵐渓の紅葉、もみじ祭りのライトアップなど
一番きれいな状態で楽しみたいですよね

そんな方のために今回は香嵐渓もみじ祭りのライトアップやお勧めのスポットや混雑状況などを
紹介していきます

[cc id=”8865″ title=”スポンサードリンク”]

香嵐渓の紅葉の由来

25538010923

まずは基本情報の香嵐渓について見ていきましょう
香嵐渓とは愛知県豊田市足助町にある愛知県では有名な紅葉スポットで
巴川によってできた渓谷のことを言うそうです

元々、紅葉が綺麗ななスポットで有名だったんですが昔は名前がなく
香嵐渓とは呼ばれていませんでした

香嵐渓の始まりは江戸時代にさかのぼり豊田市足助町飯盛にあるこう

香積寺1の三栄和尚と言うお寺の住職が
巴川から続く山道に楓など植林したのが始まりと言われています

[cc id=”8865″ title=”スポンサードリンク”]

香嵐渓の紅葉スポット2018見所は

802709006bc723489f47e7bc68f657f4c449d759

香嵐渓の紅葉の見所と言えばどこを見ても赤や黄色、緑に染まったきれいな紅葉ですよね

巴川にに映る景色も絶景ですよね

また香嵐渓のシンボル的な存在である末月橋からの紅葉

緑や黄色赤のほかに様々な色が織り成す紅葉がなんとも幻想的で絶対に行ってみたいスポットです

香嵐渓の紅葉の見頃は2018年も例年通り11月中旬から11月下旬が1番ピーク

特に11月の後半になってくると多くの人が訪れるので夜の
ライトアップなども見たいのであれば早めに香嵐渓へ行き
場所取りなどをすましたほうがいいかもしれないですね

香嵐渓へのアクセス方法は

53803d5886872

●公共交通機関
・名鉄名古屋本線 『東岡崎駅』から、足助行きバス 約70分 香嵐渓下車
・名鉄豊田線 『浄水駅』から、とよたおいでんバス百年草行き 約60分 香嵐渓下車
・愛知環状鉄道『八草駅』から、香嵐渓行き直行バス 約60分 ※11/11~30日まで
・名鉄三河線 『豊田市駅』より、名鉄バス足助行き 約45分 香嵐渓下車
※名鉄バス『東岡崎駅⇔香嵐渓』
※とよたおいでんばす『浄水⇔香嵐渓』

●車でお越しの場合
<関東方面から>
東名高速道路 『豊田JCT』から、東海環状自動車道 『豊田松平IC』下車、
(ETC付き普通車の場合は、鞍ヶ池スマートIC下車)、県道39号を経由、
国道153号を飯田方面へ約15キロです。

<関西方面から>
東名高速道路 『名古屋IC』下車、猿投グリーンロード終点 『力石IC』下車、
国道153号を飯田方面へ約10キロ。所要時間40分。

香嵐渓の紅葉の見ごろはいつからいつまで 混雑回避の方法は?

102070

愛知県豊田市足助町の巴川両岸に見える香嵐渓の紅葉の数は
何と4000本もあります

最近では外国からも訪れ皆、真っ赤に染まった絶景に
感動している様子

私も海外に住んでいる友人と香嵐渓に行ったことがあるんですが
口をぱかっと開き目は少し潤みながら言葉も出ず凄く
感動していました^^

香嵐渓の見頃ですがやはり11月の中旬から下旬が
いいでしょう

また、もみじ祭りの期間中はライトアップもされており
昼間から夜まで楽しむことも出来ますよ

ただ皆さんきれいな紅葉の景色が見たいと同じ事を考え
香嵐渓に訪れるので、土日よりも出来れば平日に
訪れる方がベストかもしれませんね

香嵐渓もみじ祭りの期間とイベント情報

momijima

香嵐渓もみじ祭りの期間 おすすめは?

◆場所:足助・香嵐渓広場(愛知県豊田市足助町飯盛)
◆期間:2018年11月1日~30日 ※予定

◆ライトアップ時間:日没~21:00 ※期間中毎日

◆料金:無料 ※香嵐渓広場に隣接している三州足助屋敷への入館料は300円

◆お問い合わせ:0565-62-1272(足助観光協会)

香嵐渓もみじ祭りでは土日を中心に様々なイベントが
開催されます

香嵐渓の伝統を感じたいなら

・香嵐渓広場で茶会
・伝統的な太鼓や演武
・足助祭りの御囃子

子供連れで家族、もしくはデートで行くなら

・猿回し
・屋台

がおススメです

やはり私の一番のおすすめはもみじ祭りの屋台ですね
五平餅や刀削麺、鮎の塩焼きなどかなり珍しいお店もあるし
食べ歩きしながら紅葉の絶景を見るのもきっと思い出に残る
ひと時を過ごせると思いますよ

おすすめ写真撮影スポットは?

香嵐渓のおすすめ写真スポットをご紹介します

写真スポットで有名という事は絶対に立ち寄りたいスポット
という事になりますので事前チェックして忘れないように
してくださいね^

おすすめ写真撮影スポットその①巴橋

1-11-660x400

まずは巴橋から見た香嵐渓の絶景です

飯盛山を一望できる絶景ポイントして有名で。
赤や黄色に色づく木々が何とも幻想的です
お昼に写真を撮るのもいいですがあたりが暗くなり
ライトアップされた巴川から見る紅葉はまさに
圧巻ですよ

おすすめ写真撮影スポットその②待月橋

25709009865

朱色の欄干が美しい待月橋(たいげつきょう)も
写真撮影ポイントとして人気の場所です
飯盛山側の岸に位置する待月橋は
『五色もみじ』と呼ばれるもみじがあり
、緑・黄緑・黄・橙・赤と五色の紅葉を満喫できます

おすすめ写真撮影スポット③もみじのトンネル

21P1170574

足助の代名詞「香嵐渓」のもみじが山道の両脇に茂り、
トンネルのように見えるのが名前の由来なんだそうです
秋は日の光を受けて燃えるような紅色に
染まり、大変美しい光景が望めますよ

※家族や恋人、友達で出かける場合でも撮影用の
自撮り棒はかなり使えます

事前に用意すると様々な絶景スポットで写真撮影が
可能ですよ^^

まとめ

今回は香嵐渓もみじ祭りのライトアップや絶対撮りたい
写真撮影スポットについてご紹介しました

天候によってまた見える景色も違って見えるのも紅葉の素敵な
所ですができれば晴れているときに行ってライトアップを見て
帰ってきたいですよね

紅葉の時期って短期間しかないのでなんだかはかない感じも
しますがそれがまた良かったりするんですよね

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

[cc id=”8865″ title=”スポンサードリンク”]


2018年10月5日 香嵐渓もみじ祭り2018 ライトアップや 写真撮影スポット・屋台情報も はコメントを受け付けていません。 観光